芸能

三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か

三浦瑠麗(時事通信フォト)

出演見直しが相次ぐ三浦瑠麗氏(時事通信フォト)

 国際政治学者の三浦瑠麗氏(42才)が、テレビの世界から消えるかもしれない──。太陽光発電事業をめぐる10億円の投資トラブルで夫・清志氏が代表を務める投資会社「トライベイキャピタル」が東京地検特捜部の家宅捜索を受けた三浦氏。フジテレビ系情報番組『めざまし8』では木曜日のレギュラーコメンテーターを務めていたが、1月26日の生放送には出演しなかった。

 さらに、頻繁に出演していたテレビ朝日系『朝まで生テレビ!』についても、1月29日の放送回に三浦氏の姿はなかった。

「夫の家宅捜索が報じられた時点では、三浦氏のテレビ出演は変わらず継続する予定だったと言われています。しかし、さまざまな報道があった中で、騒動がかなり大きくなり、三浦氏本人への批判も強まってきた。テレビ局としてもスルーできない状況になっていったのでしょう」(テレビ局関係者)

 たしかにネット上では、三浦氏に対する厳しい声が多い。『めざまし8』欠席のニュースについてネットユーザーから、

〈この人の専門が何なのか全くわからん。何にでも首を突っ込んでアンチを増やしてるだけに見えます〉
〈一般人からすると別に夫のことがなくてもこの人の言っていることは統一性がなく意味わからなかったよ〉
〈上から目線みたいで、不愉快です。もうテレビに出ないで欲しい〉

 など、痛烈な言葉が寄せられていた。

 ネット上における三浦氏への風当たりは、昨年からそれまで以上に強くなっていた。

「もともと辛口ではあるし、少々高飛車なイメージもあったので、三浦さんのアンチが多かったのは間違いない。そんななか、昨年の安倍晋三・元首相銃撃事件をきっかけに、三浦さんへの批判的な声が増えていったんです。三浦さんの論調は、事件そのものと旧統一教会問題を切り離すべきだというものであり、その点について旧統一教会問題を重視するネットユーザーが反発。さらに、旧統一教会への高額献金について“競馬でスったって同じじゃないですか”と発言し、より強く批判されることとなったんです。その後、『#三浦瑠麗をテレビに出すな』というハッシュタグがツイッターのトレンド入りしたこともありました」(メディア関係者・以下同)

 ネットではバッシングを受けつつ、それ以降もテレビに出演していた三浦氏。しかし、夫の投資トラブル発覚で、ついに出演見合わせとなった。

「ワイドショーでは、庶民派で良心的な発言をするコメンテーターも必要なら、炎上も辞さないスタンスの辛口コメンテーターも必要。三浦さんは完全に後者であって、テレビ局としてもネットでバッシングされるくらいのコメントを期待していた部分があった。だから、『#三浦瑠麗をテレビに出すな』がトレンド入りするのは、ある意味番組サイドの思惑通りだったと思います。

 しかし、夫の会社が詐欺容疑で家宅捜索されたとなれば、話は別。三浦さん本人が関与しているかどうかは不明だとしても、容疑が事実なら被害者がいるわけですし、それでもなお三浦さんが炎上を狙うような発言をするのは、さすがにありえない。今回の一件で“炎上キャラ”を封印せざるを得ないのも事実で、テレビ局としては普通のコメントをする三浦さんに価値を見いだせないという部分があったのかもしれないですね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン
デートは必ず手つなぎで
小室圭さん眞子さん夫妻“マンハッタンよりも治安のいい郊外”の高級マンションに新居か
女性セブン
「渋谷区『新しい学校づくり』整備方針~学校施設の未来像と建て替えロードマップ~」より
【ジェンダーレストイレ問題が続々】小学校に地域開放ユニバーサルトイレ設置案、渋谷区教委に憤るママ区議「子どもたちの安全を!」
NEWSポストセブン
西谷浩一監督
高校野球界「一強」の大阪桐蔭に異変 まさかの「4連敗」で投手陣は緊急事態、打線はタイムリー欠乏症の懸念
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
“大谷翔平に詳しすぎる解説者”として人気沸騰・福島良一氏が明かす「大谷と歴代日本人選手の決定的な違い」
週刊ポスト
鈴木蘭々が振り返る『ポンキッキーズ』 「番組で発表した楽曲が再び私の人生を変え始めている」
鈴木蘭々が振り返る『ポンキッキーズ』 「番組で発表した楽曲が再び私の人生を変え始めている」
女性セブン
ウーマンラッシュアワー・中川パラダイス(左)と鳥居みゆき(右)
鳥居みゆき×中川パラダイス対談 異色すぎる新ユニットライブ「村本は呼びません!」 
NEWSポストセブン
性加害報道のあった木下ほうか(前所属事務所のホームページより。現在は削除済み)
【LINE全文】木下ほうかが取り下げた性加害報道裁判「ヤダヤダって何度も言ってるのに無理矢理そのまま入れようと」「直接会って謝りたいです」 事件直後のやりとり34通
NEWSポストセブン
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
女性セブン
リナ・ローズ氏と高級スクール
「トラブルで辞める人多数」元保護者が激白する麻布の高級スクールへの違和感 本部あるビバリーヒルズ住所を調べた結果
NEWSポストセブン
(写真はイメージ)
暴力団幹部「ベンツなんてもう乗らない。トヨタの200万円だよ」ヤクザの高級車離れで“メンツよりもコスパ”の時代へ
NEWSポストセブン
御成婚30年を迎えるおふたり(写真/共同通信社)
御成婚30年の天皇皇后両陛下 喜びや悲しみを分かち合ってきた「愛と絆の歩み」
週刊ポスト