芸能

堂本光一、佐藤めぐみとの10年交際がこのタイミングで報じられた背景 過去には危機を迎えたことも

外で女性とツーショットになることは皆無だった

外で女性とツーショットになることは皆無だった

「令和のうちに結婚します! 先は長いけどな……(笑い)」。かねてこんな思わせぶりな宣言をしていたKinKi Kidsの堂本光一(44才)に新たなロマンスが浮上した。2月26日付のスポーツニッポンに「真剣交際」を報じられたお相手は、2009年と2010年に主演ミュージカル『Endless SHOCK』で共演した女優の佐藤めぐみ(38才)。交際期間はすでに10年近くに及ぶという。

「ミュージカルの座長を務めた光一さんと、ヒロイン役で出演した佐藤さんは当時から息もぴったり合っていて、深い信頼関係で結ばれているように見えました。本格的な交際がはじまったのは共演後しばらくたってからのこと。過去にツーショットを撮られたことは一度もなく、極秘裏に交際を育んできたようです」(芸能リポーター)

 ともに報道について言及することはなく、双方の所属事務所も各社の取材に「特にコメントはありません」などと静観の構えだ。もっとも、光一のファンの間では数年前からふたりの仲が取り沙汰されていたという。

「きっかけは2018年に単館上映されたマイナーな映画の感想をふたりが同じ日にSNSに投稿したことでした。その後も、インスタライブの背景の壁や照明の色が酷似していることなどを指摘するファンが続出。ともに大のコーヒー党で、料理に『鉄のフライパン』を愛用していることなどの共通点も多く、佐藤さんがSNSに同棲を想起させるような投稿をするたびに“匂わせ行為”ではないかとの批判が巻き起こったのです」(前出・芸能リポーター)

“匂わせ”とは人気アイドルの交際相手などが、SNS上でつきあっていることをそれとなくほのめかすこと。隠された意図に気づいたファンに挑発行為と見なされ、炎上するケースも少なくない。

 2020年2月に光一が元NMB48の梅田彩佳(34才)とお揃いのジャージーを着たときも、ファンの間でバッシングが吹き荒れた。梅田のSNSに“凸撃”(ダイレクトメッセージなどで相手に直接真実を問いただすこと)するファンまで現れ、光一は自身のラジオで《くだらない》と一蹴。匂わせ行為を否定した上で、《あまり決めつけない方がいいですよ》と苦言を呈した。

「ところが、佐藤さんに関しては、光一さんはどんなに騒ぎが大きくなっても沈黙を貫き、ついには彼女のインスタグラムのコメント欄が閉鎖される事態に。その後も真相が語られることはなく、多くのファンが固唾をのんで成り行きを見守っていたのです」(芸能関係者)

 徹底して隠されたはずの交際は、なぜこのタイミングで報じられたのか。

「ふたりの親密な仲は、以前から複数のマスコミがマークしていたことで、光一さんも早い段階で関係者に事実関係を報告していたといいます。それでもしばらく報道が出なかったのは、昨年7月からKinKi Kidsがデビュー25周年イヤーに突入したことが理由の1つ。ドームコンサートや6年ぶりに出場したNHK紅白歌合戦などの大仕事を終えるまで、ファンの盛り上がりに水を差さないという報道側の配慮もあったようです」(前出・芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン