国内

発がん性が疑われる「PFAS」が全国各地の水道水から検出 防ぐ方法はあるか

(写真/GettyImages)

水道水に健康被害の不安が…(写真/GettyImages)

 水道水をそのまま飲める国の数はたった12か国で、その1つが日本だ。水質基準は厳しく、味に影響を与えるカルシウムやナトリウムなどの含有量さえも決められている。しかし、いま異常事態が起きている。

 東京西郊の多摩地区で、住民を不安に陥れる事態が発生した。発がん性が疑われる有機フッ素化合物(PFAS)が2019年、東京都の調査で国分寺市の井戸から1Lあたり101ng(ナノグラム)検出されていた。この数値は、現在の暫定指針値の2倍以上だった。

 PFASはどういった健康被害を引き起こすのか。科学ジャーナリストの植田武智さんが言う。

「アメリカの汚染地域で健康調査が行われ、2012年に次の病状との関連が確認されました。妊娠高血圧及び妊娠高血圧腎症、精巣がん、腎細胞がん、甲状腺疾患、潰瘍性大腸炎、高コレステロール血症です。

 特に懸念されるのは子供や胎児への影響です。北海道大学の調査によると汚染地域でなくとも母親の妊娠中のPFAS濃度が高いと生まれてきた子供に出生体重の減少、甲状腺ホルモンや性ホルモンの異常、免疫力低下、神経発達の遅延、脂質代謝異常などのリスクが上昇する可能性が指摘されています」(植田さん)

 東京では横田基地が汚染源として疑われているが、多くの米軍基地を抱える沖縄県でも、高濃度のPFAS汚染被害が多数報告されている。

 2021年6月、うるま市にある米軍の燃料保管施設で貯水槽の蓋から雨水が入り込み、PFASを含む水が基地の外に流出するという事故が起きた。その後、国が定める暫定指針値の約1700倍という高濃度のPFASが確認された。沖縄の米軍基地でも泡消火剤が使われており、各地でPFASが検出されている。決して“対岸の火事”ではないのだ。

 環境省も、遅きに失したが重い腰を上げてはいる。2021年度の全国調査では、PFASのうち特に毒性が強いPFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)、PFOA(ペルフルオロオクタン酸)が全国13都府県の81地点の河川や地下水などから国の暫定目標値を超えて検出されていたことが判明。環境省は暫定指針値の超過が確認された地点の水について飲用しないよう指導している。だが、直接飲まなくても私たちの体内に入ってくる場合がある。

「汚染された土壌で作られた農作物にPFASが含まれている可能性があります。ただ、植物の種類や根や葉、果実など部位による濃度の違いがあるほか、PFASの種類によっても蓄積しやすさが異なるようで、現在、研究中です。ただ、農作物を通して体にPFASが入り込んでくる可能性は充分にあり得ると想定した方がいい。

 アメリカのメイン州では2022年に汚染の可能性が高い肥料の使用が禁止されました。国内でも大阪府摂津市の工場に隣接する農地の土壌や地下水から高濃度のPFASが検出された例がある。水道水に地下水は使われていないのに、農地の耕作者の血中から高い数値のPFASが検出されています」(植田さん)

関連記事

トピックス

14年ぶり世界一に日本中が歓喜した
【侍ジャパン】次期監督、工藤公康が有力候補も「消極的」か 3年後の世界一に相応しいのは?
NEWSポストセブン
「次は芦田さんに司会を」という声もあるという(時事通信フォト)
芦田愛菜、名門私大進学に続いて期待される「紅白最年少司会」 女優・学業・司会の三刀流なるか
週刊ポスト
“年内8冠”への期待も(時事通信フォト)
藤井聡太が6冠制覇も“年内8冠”はあるのか 最大の敵は「ハードスケジュール」
週刊ポスト
任意聴取時には「救急車を呼ぼうとしたが」とも話していたという
【肉声入手】京都タリウム殺人 完全黙秘の容疑者が知人に明かしていた「彼女の死後に宇多田ヒカルで号泣」「20万円の“弔いシャンパン“」
NEWSポストセブン
WBCでは1番打者として活躍したヌートバー
《WBC優勝に貢献》ヌートバーの“愛されキャラ”に影響を与えた意外すぎる「日本の児童書」
NEWSポストセブン
「女優」として本格的に脱皮するか(時事通信フォト)
前田敦子「30代で出逢えてよかった」新連ドラで“大人の演技”解禁か 脱アイドルで新境地開拓へ
週刊ポスト
橋本環奈
【夜のレア写真】橋本環奈「うなじが輝いている!」「可愛すぎる」通行人が驚く妖艶な着物姿、松嶋菜々子とドラマ初共演ロケ現場
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン
決死の告白をした被害者の「メープル」さん(Netflix『全ては神のために:裏切られた信仰』予告編より)
韓国宗教団体・摂理の教祖、信者への性犯罪で何度も逮捕 数百人の日本人女性も被害に
週刊ポスト
現地で配られていたチラシ
《壱岐市の高校生が遺体で発見》里親が50分にわたり告白「隼都くんの過去の家出」「台風の中、外で正座」の真相は
NEWSポストセブン
麻薬特例法違反の疑いで警視庁に逮捕された道端ジェシカ容疑者(Instagramより)
MDMAで逮捕の道端ジェシカ容疑者「カエルの毒でデトックス」「嘔吐シーン」の不可思議な近況
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【独占】テレ東退社の森香澄アナ 新たな所属先は「YouTuber事務所」
NEWSポストセブン