国内

安倍昭恵さん、安倍晋三元首相の遺骨は今も手元に 納骨の予定は「決まっておりません」

「遺骨」の行方は

「遺骨」の行方は

 最愛の夫亡き後も、 安倍昭恵さん(60才)は立ち止まることなく精力的に活動を続けている。彼女の“第二の人生”に、にわかに注目が集まるなか、唯一進展を見せていないのが「晋ちゃんの遺骨」の行方だった──。

 安倍晋三元首相(享年67)が凶弾に倒れてから8か月が過ぎた。妻の昭恵さんは、この間、国葬や山口県民葬をはじめとして、行く先々で夫への弔いに涙を浮かべ、感謝の言葉を口にしてきた。

 3月4日、昭恵さんは、外交関係者らとともにベトナムの首都ハノイを訪れていた。日本とベトナムは今年9月に外交関係樹立50周年を迎える。その記念事業の一環として、日系医療施設がベトナム航空に提供する医療サービスについての協定締結式に参加したのだ。

「登壇挨拶の後、昭恵さんに、安倍元首相をモチーフとした記念品が贈呈されました。その瞬間の昭恵さんの表情はみるみるゆがんでいった。ベトナムのかたからの温かい心遣いに感極まったのでしょう」(全国紙政治部記者)

 彼女の心の傷は癒されてはいない。その証拠に、いまだに最愛の夫の遺骨から離れられずにいるという。それが明らかになったのは、翌3月5日だった。岸田文雄首相(65才)は、4月に行われる衆議院山口4区補欠選挙に向け、応援演説のために安倍氏の地元・山口県を訪れていた。ところが、直前にスケジュールの変更があったという。長門市にある安倍家の墓参りをする予定が、安倍氏の旧事務所にある遺影の前での黙祷に変更されたというのだ。

「実は、遺骨がまだお墓にはなかったのです。それで、墓参りが取りやめになった。当初は年明けに納骨をする予定があったそうで、官邸サイドもそう思い込んでいた。まさかまだ昭恵さんの手元に遺骨があるとは誰も思っていなかったわけです」(永田町関係者)

 国葬は昨年9月27日に行われた。四十九日もとうに過ぎたなか、なぜ安倍氏の遺骨はいまだ納骨されていないのか。

 昨年末、下関市の事務所を閉鎖し、目に涙を浮かべながら「あべ晋三事務所」の看板を下ろし、集まった人たちに感謝の言葉を述べた昭恵さん。まさにいま、懸命に気力を振り絞っているという。

 現在、昭恵さんは安倍氏の地元・山口県下関市と東京を行き来する生活を送っている。2月11日、昭恵さんは下関で開かれていた写真展『不屈の政治家 安倍晋三写真展~産経新聞カメラマンがとらえた勇姿~』にサプライズで来場。人気は根強く、大勢の来場者から「アッキー」と声をかけられ、握手に応じていた。そのわずか5日後、昭恵さんの姿は、東京で開かれた自民党の最大派閥“安倍派”の幹部会合にあった。

「4月の補選に安倍氏の後継者として出馬する元下関市議を『夫の遺志を継承するに値する人物です』と言葉に力を込めて推薦し、選挙支援を要請しました。頻繁に下関に入り、地元関係者への挨拶まわりも積極的に行っています」(前出・全国紙政治部記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン