スポーツ

【WBC記者座談会】村上は不振、攻守の要を派遣… 今シーズンのヤクルトに懸念される苦境

1次ラウンドで打撃不振だった村上宗隆(時事通信フォト)

1次ラウンドで打撃不振だった村上宗隆(時事通信フォト)

 盛り上がりを見せるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)。選手たちは大会が終われば各球団でシーズンを迎える。はたして“アフターWBC”の日本野球界はどういった展望に。4人の現役記者がタブーなしで語り尽くす!【全3回の第3回。第1回から読む

村上の暗い顔

スポーツ紙デスクD:WBCの盛り上がりは大いに結構だが、問題はシーズンだよな。WBCみたいな国際大会の後は、選手たちが疲労によってペナントで個人成績を落とすというデータもあるからね。

在阪スポーツ紙デスクA:阪神・岡田(彰布)監督が大阪で開催された早稲田大のOB会に出席して、「この時期に試合に出ていないベンチの選手が心配や。阪神も中野(拓夢、26)や湯浅(京己、23)の出番がない」と話していた。中野は西武・源田(壮亮、30)が右手小指を骨折したことからショートでの出場機会が巡ってきたが、今年からセカンドにコンバートさせる予定だけに岡田監督としても不安だろうな。

スポーツ紙記者C:個別の選手で言うと、ヤクルト・村上(宗隆、23)や西武・山川(穂高、31)が心配です。1次ラウンドで打撃不振だった村上は自信を失っているように感じる。同じパワーヒッターの大谷が目の前であれだけ打てば焦りがあると思います。ミックスゾーンですれ違う時、声をかけるのがはばかられるほど表情が暗かった。

 山川は侍ジャパンで試合に出ていなくてもベンチで常に声を張り上げてチームを盛り上げていますが、試合に出たり出なかったりなので、実戦感覚を養うのが難しい。好不調の波が激しいので、今年はエンジンがかかるのが遅いかもしれない。

デスクD:主力選手の調子がチームの命運を大きく左右するけど、俺は特にロッテが心配だな。吉井(理人)監督が投手コーチとしてWBCに帯同しているが、3月31日からソフトバンクとの開幕3連戦が始まることを考えると、ロッテで過ごす時間があまりにも足りていない。監督就任1年目にもかかわらず、1か月近く不在でチームの状況を見られない影響は大きい。開幕しても当面の間は手探り感があるはずだし、かなりの痛手になるんじゃないか。

在阪デスクA:その点で言えば、リーグ連覇をしたオリックスは山本(由伸、24)、宮城(大弥、21)、宇田川(優希、24)が自信をつけたようだし、追加招集されたセットアッパーの山崎颯一郎(24)も雰囲気だけでも良い経験になるだろう。西武からFA移籍した森友哉(27)はWBCを出場辞退してコンディションを整えている。良いかたちでシーズンに入れるんじゃないか。

デスクD:同じくセ・リーグで3連覇を狙うヤクルトだが、こちらは少し事情が変わってくる。村上、中村(悠平、32)、山田(哲人、30)、高橋(奎二、25)と攻守の要をWBCに出している。村上も山田も打撃が良い状態とは言えないだけに序盤は苦しみそう。

スポーツ紙記者B:今年のペナントレースは両リーグともに予想外の展開になるかもしれませんね。

(了。第1回から読む

※週刊ポスト2023年3月31日号

関連記事

トピックス

のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
江川卓、連続三振にまつわる新事実が明らかに(写真/共同通信社)
《江川卓、1984年オールスター8連続三振》40年目の真実「あの日は肩が痛くなかった」、バッテリーを組んだ中尾が明かす「パスボールしろよ」発言
週刊ポスト
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン