国内

《壱岐市“離島留学”高校生行方不明》渦中の里親が記者に明かした「虐待疑惑への思い」「隼都くんとの関係性」

行方不明になった隼都さん

行方不明になっている隼都さん。身長約175センチで痩せ型。白と紺色のボーダー柄のセーターと、紺色のズボンを身につけていた

《隼都、帰っておいで》──長崎県警は3月17日、壱岐市の高校2年生、椎名隼都さん(17才)が行方不明になっていることを発表した。捜索のポスターの写真に写る男性は、まだあどけない少年の面影を残していた。隼都さんは茨城県出身で、中学2年生のときに長崎県の「離島留学制度」で島に来て、里親Aさんに月8万円(自己負担は4万円)を支払い、Aさん家族4人と、ほかの留学生6人と共同生活をおくっていた。3月1日の午後4時半ごろに里親宅で姿を確認されたのを最後に行方がわからなくなっている。行方不明となって16日、事件は公開捜査となり、切迫した状況のなか、 NEWSポストセブンの取材に里親Aさんが今の心境、そして“虐待疑惑”について語った──。

報じられていた虐待疑惑

『週刊文春』は15日、隼都さんの面倒を見ていた里親Aさんの虐待疑惑を報じ、隼都くんの知人による「普段からAさん夫妻に叩かれたり、大声で罵倒されていた」という証言などを取り上げていた。地元住民が、Aさんについて語る。

「Aさんは、地元のイベントやメディア事業に関わる、ちょっとした有名人です。以前から島で里親をやっていて、今も小中学生の里子たちがAさんのところに身を寄せています。もしも虐待が事実だとしたら残念でなりません……」

 Aさん宅に今も暮らしている里子たちについて、管轄する壱岐市に問い合わせたところ、「里親の虐待疑惑については、教育長自ら当該里親への聴き取りを実施し、そのような事実は確認しておりません」との回答だった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「学習院のご学友」も候補者リストに入っているという(2021年12月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さまのお相手候補に「ご学友」も 小室圭さん夫妻の影響で“学習院回帰”の流れ
週刊ポスト
“英断”をアピールするはずだったが…(時事通信フォト)
岸田首相の「ウクライナ訪問」に海外メディアは冷ややか 「外交評価はゼロに近い」と外務省OB
週刊ポスト
東海大菅生・ 日當
ストップ・ザ・大阪桐蔭に名乗り 7種のフォークボールを投げる巨漢エース・日當の挑戦
NEWSポストセブン
霧馬山
優勝した霧馬山だけじゃない!? 「大関候補が4人」の大バーゲン状態に突入した
NEWSポストセブン
メルカリで事業縮小の流れ(時事通信フォト)
メルカリがリストラへ 280人規模の仙台オフィス閉鎖、「キャリア支援プログラム」活用を社員に依頼
NEWSポストセブン
愛子さまの将来のお相手は?(時事通信フォト)
皇室記者が準備する「愛子さまのお相手」リスト 最有力候補はやはり「賀陽家の25歳次男」
週刊ポスト
「コメンテーター・岩田明子」の評価は?(写真左から2番目/『サンデージャポン』のTiwtterより)
「安倍元首相に最も食い込んだ記者」元NHK・岩田明子氏 “三浦瑠麗氏の後釜”に浮上
週刊ポスト
水卜麻美アナのすっぴんに中村倫也は「かわいい」 テレビ局のメイクルームから始まる恋が「ミラクル」と言える理由
水卜麻美アナのすっぴんに中村倫也は「かわいい」 テレビ局のメイクルームから始まる恋が「ミラクル」と言える理由
NEWSポストセブン
清原和博氏(右)と次男の勝児内野手
清原和博氏、次男・勝児の甲子園デビューで驚いた「PL野球と慶応野球の違い」
週刊ポスト
“禁断の生共演”で何が語られるのか
中村倫也、水卜麻美アナと“禁断の生共演”もファンから反感ゼロ「お似合いすぎて納得するしかない」
NEWSポストセブン
旧NHK党党首の立花孝志氏(左)とガーシーこと東谷義和氏(筆者撮影)
【ドバイに集うクセモノ日本人】ガーシーが最長10年居住できる「ゴールデンビザ」を取得した経緯
週刊ポスト
岩田絵里奈アナと結婚発表の水卜麻美アナ
日テレ・水卜麻美アナの電撃結婚の背景にあった「岩田絵里奈アナの“左遷人事”」
NEWSポストセブン