国内

「テキーラで脱衣ゲーム」「登録者400万人超YouTuberをダシに」摘発された歌舞伎町ぼったくりバー元店員が語った手口

欲望渦巻く街で行なわれていた狡猾な手口(時事通信フォト)

欲望渦巻く街で行なわれていた狡猾な手口(時事通信フォト)

 若者や外国人観光客が戻り、コロナ禍前の景色を取り戻しつつある新宿・歌舞伎町。街を歩くと、「路上キャッチ」を禁じるアナウンスを絶え間なく耳にし、警備員も常に目を光らせている。だが欲望が渦巻く街での落とし穴は巧妙化するばかりだ。

 3月3日、新宿署は風営法違反(無許可での接待行為)の疑いで専門学校生・畠叶夢容疑者(20)を逮捕した。今年2月、畠容疑者はマッチングアプリで知り合った20代男性と食事にいき、“いきつけのダーツバーに行こう”と誘い、歌舞伎町のバー『GRAND?H』に入った。説明された店のシステムは「1人1時間5000円飲み放題」。男性の財布には1万5000円ほどあったといい、女性の分まで支払える計算──だが、ここで事件が起きる。社会部記者が語る。

「店員がトランプを持ってきたところ、畠容疑者が男性に“ゲームをしよう”と提案。負けたほうが“ショットの酒を飲む”というルールでした。2人は1時間ほどで計100杯近くのショットを空け、ほろ酔い気分で男性が会計を頼むと、40万円の請求が。男性が店員に問い合わせると、『ショットは飲み放題に含まれない』と。持ち合わせが足りなかった男性は店員に引き連れられ、銀行口座からなけなしの現金数万円を引き出した。これでも40万円にはほど遠かったので、店員は『キャッシュカードでキャッシングして金を借りろ』と指示。男性はキャッシングした現金十数万円を渡して逃げようとしたものの、外で見張りをしていた別の店員2人に捕まり、殴る蹴るの暴行を受けた末、スマホと財布を奪われた」

 男性が歌舞伎町の交番に駆け込み、警官とともに店に向かっていると驚きの光景が。畠容疑者が別の男性と同じコンビニから出てきたのだ。警官が事情を聞くと、この男性も同様にお金をぼったくられたことを証言。畠容疑者は任意同行を求められる。

「その後の捜査で、畠容疑者が『GRAND?H』の店員で店と結託して、ぼったくり行為を行なっていたことが発覚し、逮捕されました。畠容疑者は店員から、『店員であることを隠して男性を店に連れてこい』と指示を受けていたことを明かし、男性が支払った額の25%を報酬として受け取っていたといいます。警察は、畠容疑者が高額な報酬を受け取っていたことから逮捕に踏み切ったと見られています。男性に暴行した店員も既に逮捕されていて、ぼったくり手法の実態解明が進められています」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン