ビジネス

駅トイレ改修のいま 全駅「洋式化」完了した京成電鉄の狙いとは

京成上野駅のトイレは、周辺に文化・芸術施設が点在していることを意識して石造りのデザイン

京成上野駅のトイレは、周辺に文化・芸術施設が点在していることを意識して石造りのデザイン

 古くからしゃがみ込むタイプの和式が中心だった日本のトイレ事情に、文明開化でもたらされた座るタイプの洋式が普及しはじめたのは1959年に公団住宅が採用してからのこと。いまでは、自宅のトイレの洋式率は9割を超え、外出先でも洋式を選ぶという人も多い。いまも多くの和式が使われている駅のトイレも、洋式化がすすんでいる。ライターの小川裕夫氏が、全駅トイレを洋式化した京成電鉄など、駅のトイレ事情をレポートする。

 * * *
 東京都渋谷区や荒川区で公衆トイレに女子専用が整備されていない問題が、話題を集めている。一昔前まで、公園や駅前広場の片隅に整備されていた公衆トイレは管理が行き届いておらず、お世辞にも衛生的とは言えなかった。そのため、緊急時に仕方なく利用する人がほとんどだった。

 駅構内のトイレは、「公衆トイレよりマシ」といったレベルだったが、近年は清掃が隅々まで行くようになり、衛生面は格段に向上した。そして、現在は洋式化への改修がトレンドになっている。

全65駅のトイレを洋式にした京成電鉄

「京成は2020年に東京五輪が開催されることを見据え、2016年度から駅トイレの洋式化を進めてきました。2023年3月6日に西登戸駅の駅トイレが洋式化を完了し、全65駅のトイレが洋式になりました」と話すのは京成電鉄経営統括部広報・CSRの担当者だ。

 京成は、東京・京成上野駅から成田空港へとアクセスする特急を走らせている。成田空港は日本随一の国際空港でもある。

 京成は、日本に降り立った外国人観光客が最初に乗る電車となる。それだけに、外国人観光客が日本トイレを初体験するのは、成田空港か京成のトイレが多くなるだろう。それだけに、京成はトイレの洋式化と美化は課題になっていた。

 訪日外国人観光客はコロナで消失したものの、政府は収束とともに入国制限を緩和している。すでに外国人観光客数は回復基調を見せており、再び訪日外国人観光客が目立つようになることは間違いない。また、海外に出る日本人も増加するだろう。

 外国人観光客の増加を見込んでトイレを洋式化した京成だが、トイレ改修にはほかの目的も込められている。

「京成ではトイレを洋式化するのと同時に、環境負荷を軽減するために節水機能や暖房便座を備えたトイレへと改修しました。また、女性用トイレでスペースに余裕がある駅は通常の鏡よりサイズが大きい姿見を設置するといった工夫も凝らしています」(同)

 さらに、京成は駅が立地する地域性も重要視したという。そのため、各駅のトイレはデザインやカラーリングが統一されていない。

「京成上野駅は周辺に博物館・美術館・動物園・音楽ホールなどの文化・芸術施設が集結していることから、トイレにも石造りをイメージしたタイルをちりばめています。また、国府台駅は和洋女子大学の最寄駅です。そのため、和洋女子大学の学生が選んだカラフルな部材を用いた内装デザインを採用しています」(同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン