新幹線一覧

【新幹線】に関するニュースを集めたページです。

東京駅17番ホームで「Zポーズ」で出発を宣言する“百田車掌”。隣のホームには、「目撃すると幸運が訪れる」という「ドクターイエロー」が停車。1か月に3回だけしか走行しないため、貴重な偶然に百田も大興奮!
「エビ反りジャンプをしてきてよかった」ももクロ・百田夏菜子、東海道新幹線の貸切車両『かっぱえびせん号』特別車掌に任命される
東京駅17番ホームで「Zポーズ」で出発を宣言する“百田車掌”。隣のホームには、「目撃す…
2024.05.17 16:00
女性セブン
JR東日本が参入する金融サービス「JRE BANK」をお得に使い倒す方法 給与振込口座に指定しなくても多くの特典を得られる
JR東日本が参入する金融サービス「JRE BANK」をお得に使い倒す方法 給与振込口座に指定しなくても多くの特典を得られる
 4月9日、JR東日本が、「JRE BANK」の詳細を発表した。これは、BaaS(Banking as a Service)とよばれるサービスで、銀行の機能は従来どおり銀行が行う一方で、さまざまな付加的なサービスを、提携した企業が行う…
2024.04.22 17:15
マネーポストWEB
2024年4月16日、上島豊敏駅長と俳優の中条あやみさんが出発を合図し、東京に向かう一番列車「かがやき502号」は定刻通り午前6時11分に発車した(時事通信フォト)
北陸新幹線が延伸した敦賀駅 乗換問題だけでなく「東西自由通路なし」も今後の課題
2024年4月16日、敦賀駅では上島豊敏駅長と俳優の中条あやみさんが出発を合図し、東京に…
2024.04.13 07:00
NEWSポストセブン
電車の「ガタン、ゴトン」という音を過去のものにした、ロングレールと伸縮継ぎ目の効果
電車の「ガタン、ゴトン」という音を過去のものにした、ロングレールと伸縮継ぎ目の効果
 鉄道は、多くの人にとって交通の手段としてだけでなく、趣味や娯楽の対象としても親しまれており、ときに人々の知的好奇心を刺激してくれる。交通技術ライターの川辺謙一氏による連載「鉄道の科学」。第19回は「…
2024.03.28 15:15
マネーポストWEB
【陸旅&空旅のシニア割】乗れば乗るほど得な「鉄道」、長距離移動も快適な「バス」…オバ記者は「大人の休日倶楽部パス」を大活用
【陸旅&空旅のシニア割】乗れば乗るほど得な「鉄道」、長距離移動も快適な「バス」…オバ記者は「大人の休日倶楽部パス」を大活用
 シニアになると「もう年だから」とネガティブな気持ちになる人が多いが、それではもったいない。シニア向けのお得なサービスは多数存在する。今回は陸旅&空旅に関するシニア割を紹介する。【全3回の第1回】【写…
2024.03.25 15:16
マネーポストWEB
遠距離通学・通勤経験者がやめてから気づいたそのメリット 解放されて「行動範囲が狭まった」「集中して本を読まなくなった」「余った時間も結局ダラダラ」
遠距離通学・通勤経験者がやめてから気づいたそのメリット 解放されて「行動範囲が狭まった」「集中して本を読まなくなった」「余った時間も結局ダラダラ」
 入学試験の合格発表が終盤にさしかかっているほか、社会人にとっては異動のシーズン。いよいよ新生活が目前に迫るなか、どうしても遠距離通学・通勤になってしまう人たちもいるだろう。毎日の移動が大変そうに思…
2024.03.12 16:15
マネーポストWEB
愛猫家としても知られ
【藤あや子×ヒロシ・愛猫談議】うちにこの子がいたらどんなに幸せだろう…保護猫との運命的な出会い
 歌手としてだけでなく愛猫家としても知られ、SNSでは、それまでの艶のあるイメージとはかけ離れた、“おちゃめな(猫の)ママ”の姿を披露する藤あや子(62才)。一方、自由気ままな独身(ソロ)生活を謳歌してきた…
2024.02.22 06:58
女性セブン
【春は北陸に応援旅行】JRから私鉄まで「3つの割引きっぷ」を完全解説 北陸応援割の開始前から利用できる
【春は北陸に応援旅行】JRから私鉄まで「3つの割引きっぷ」を完全解説 北陸応援割の開始前から利用できる
 元日に発生した能登半島地震を受け、観光庁の主導ですすめられているのが北陸応援割だ。3月中旬からゴールデンウィーク前まで実施の予定(石川県は開始時期が遅れる可能性を馳浩・石川県知事が言及)で、ツアー代…
2024.02.18 15:15
マネーポストWEB
【最後の「喫煙可能私鉄」が消える】近鉄特急が3月から喫煙室廃止で喫煙者たちの思い 「眺めが良くて気分転換にも最適だった」
【最後の「喫煙可能私鉄」が消える】近鉄特急が3月から喫煙室廃止で喫煙者たちの思い 「眺めが良くて気分転換にも最適だった」
 現在、電車の中でたばこを吸えるのは、東海道・山陽・九州新幹線、JRの寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」、そして私鉄では近畿日本鉄道(以下、近鉄)のみ。新幹線の喫煙室は3月16日のダイヤ改正日に合わせすべて…
2024.02.17 11:15
マネーポストWEB
東北・上越新幹線開通でスキーブーム到来。苗場はリフト待ちの若者で大渋滞(写真/共同通信社)
バブル時代を牽引した女性たち 『オールナイトフジ』レギュラー・山崎美貴さんが振り返る「お金を使ってなんぼ」の時代
 35年ぶりに、日経平均株価が史上最高値目前まで迫っているが、かつてのバブル時代には、女性たちも脚光を浴びた。1986年、男女雇用機会均等法が施行。社会進出を果たした女性たちは物欲、旅行欲を爆発させたのだ…
2024.02.16 11:00
週刊ポスト
線路に敷き詰められた「砕石」の重要な役割 新幹線には砕石を使わない軌道もあるのはなぜか?
線路に敷き詰められた「砕石」の重要な役割 新幹線には砕石を使わない軌道もあるのはなぜか?
 鉄道は、多くの人にとって交通の手段としてだけでなく、趣味や娯楽の対象としても親しまれており、ときに人々の知的好奇心を刺激してくれる。交通技術ライターの川辺謙一氏による連載「鉄道の科学」。第18回は「…
2024.02.12 16:15
マネーポストWEB
(時事通信フォト)
【リニア問題】公の場で放言繰り返す川勝平太・静岡県知事「次々に難癖をつけ、ゴールポストをずらし続けている」との指摘も
 JR東海が工事を進めるリニア中央新幹線(以下リニア)をめぐり、静岡県の川勝平太知事が昨年12月から今年1月にかけて発言した内容が波紋を広げている。「2037年までに解決すればよい」「品川・甲府間で部分開業す…
2024.02.04 16:00
NEWSポストセブン
乗る予定の列車が運休した時どう対処する? 旅慣れている人が「駅で情報を待つのは悪手」と口を揃える理由
乗る予定の列車が運休した時どう対処する? 旅慣れている人が「駅で情報を待つのは悪手」と口を揃える理由
 台風、大雪などといった自然災害のほか、停電や火災などさまざまな理由により、乗ろうと思っていた列車が遅れたり動かなくなったりすることはある。短時間の運転見合わせならまだしも、ほぼ一日運休となれば、乗…
2024.02.03 11:15
マネーポストWEB
羽生結弦
《明かされた外出禁止令》羽生結弦の元妻Aさんが葛藤した「献身ママ」原点に家賃5万円生活「ずいぶん変わってしまった」
 羽生結弦(29)の元妻であるバイオリニスト・末延麻裕子さん(36)を長年支援してきた化粧品関連会社「Masashi Collection 1225」の安田正社長(82)による告発を『週刊文春』が報じた。安田社長によると、末延さ…
2023.12.27 18:30
NEWSポストセブン
深田恭子の2年ぶり主演作に注目(時事通信フォト)
結婚直前で破局した深田恭子、交際相手に求める“姫対応”と繰り返される破局パターン
 結婚秒読みと言われていた不動産会社「シーラテクノロジーズ」の会長・杉本宏之氏との破局が報じられた深田恭子。NEWSポストセブンでは、これまでの深田の”破局パターン”に迫った--。 二人は18年に出会い、地…
2023.12.21 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま
【9割賛成の調査結果も】女性天皇についての議論は膠着状態 結婚に関して身動きが取れない愛子さまが卒論に選んだ「生涯未婚の内親王」
女性セブン
勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)
DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」
週刊ポスト
『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
撮影前には清掃員に“弟子入り”。終了後には太鼓判を押されたという(時事通信フォト)
《役所広司主演『PERFECT DAYS』でも注目》渋谷区が開催する「公衆トイレツアー」が人気、“おもてなし文化の象徴”と見立て企画が始まる
女性セブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン