スポーツ

清原和博氏、次男・勝児の甲子園デビューで驚いた「PL野球と慶応野球の違い」

清原和博氏(右)と次男の勝児内野手

清原和博氏(右)と次男の勝児内野手

 3月21日、日本代表がWBC準決勝のメキシコ戦に勝利したそのすぐ後、春のセンバツでは西武、巨人などでプレーした清原和博氏(55)の次男で慶應(神奈川)の清原勝児内野手(2年)が「5番・三塁」でスタメン出場していた。父はPL学園(大阪)の4番打者として「甲子園の申し子」と言われた大打者ゆえに、彼の甲子園デビューは多くの期待を集めた。『永遠のPL学園』の著者でノンフィクションライターの柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
 WBCの舞台となったローンデポ・パークからおよそ1万2000km離れた甲子園球場でも、いかにも劇画的な瞬間が訪れようとしていた。

 センバツ2回戦「慶應義塾対仙台育英」は1対1のまま今大会より10回からの実施となったタイブレークに。二死満塁という慶應のチャンスに打席に入ったのが清原和博氏の次男・勝児だった。出来すぎなほど舞台は整い、高校野球ファンなら球史に残るあの名言が浮かんだに違いない。

「甲子園は清原のためにあるのか」

 聖地に通算13本のアーチを架け、甲子園に誰よりも愛されたPL学園時代の清原氏に対し、朝日放送の植草貞夫アナはそんな言葉を贈った。あれから38年の月日が流れ、DNAを受け継ぐ勝児の帽子には父直筆の「氣」「己を信じてリラックス」「センター返し」の文字が書かれ、それを眺めてから打席に入るのが勝児のルーティンだ。

髪型は「ツーブロック」

 初めての甲子園の第1打席で初安打を記録していた勝児だが、タイブレークの場面では三振に倒れ、バットを黒土に叩きつけてしまう。そうした悔しがる時の所作も、父と瓜二つだ。慶應は10回裏の守りで力尽き、勝児は目を赤らめて取材場所に現われた。

「あと一本が出ず、自分のせいで負けてしまった。(最後の打席は清原コールに甲子園が包まれたが)集中していて、何も聞こえなかった」

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン