身長164センチ。スレンダー体型の金子のあ

身長164センチ。スレンダー体型の金子のあ

──「きれいな言葉遣い」や「正しい金銭感覚」はお父さんの教育方針だったんですね。役者という特殊な仕事だったお父さんとはどんな思い出がありますか?

「忙しい仕事の合間に公園のアスレチックや海、ディズニーランドなど時間を作ってあちこち連れて行ってくれました。お正月には長崎の父の実家にもよく行きましたし、身体を動かすような今しかできない遊びを、めいっぱいやってほしい、と考えてくれていたそうです。でも、父は撮影や舞台など忙しかったので『もっとたくさん一緒に遊びたいなあ』と思ったことはよくありました」

──運動神経抜群なお父さんだけに、幼少期からかなりアクティブだったんですね。

「それが当たり前だと思っていました。習い事は習字を小中学校の9年間、あとはテニス、水泳などをやらせてくれました。高校生のときは毎朝4時に起きていました。たまたまその時間に起きたら、その生活リズムが自分にピッタリきたので続けています。

 好きな数学の勉強をしたり、本を読んだりして、最近だと汐見夏衛さんの小説『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』や青山美智子さんの連作短編『木曜日にはココアを』が良かったです。ちょっと悲しい話に惹かれるのですが、表紙を見て『これ、何だろう?』と思った本を選んでしまいます。父はテニスが得意(高校時代、硬式テニス部で長崎県大会ベスト4)なので、最近はたまに一緒に打ち合ったりします」

──金子家の“ルール”はあったりするんですか?

「父は仕事で食事時にいないことが多いので、家族が揃う朝食の時間を母は大切にしていて、みんなでゆっくり時間をとって食べます。ルールというわけではないのですが、食後の洗いものはじゃんけんで負けた人がすることになっていて、じゃんけんの弱い父が一番よく洗っています(笑)」

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン