芸能

朝ドラ『らんまん』涙の死を遂げた広末涼子演じる母 早くも期待される「再登板シナリオ」

『らんまん』に出演した広末涼子

『らんまん』に出演した広末涼子

 43日より放送がスタートしたNHK連続テレビ小説『らんまん』。日本の植物分類学の礎を築いた植物学者・牧野富太郎博士の人生をベースにした作品で、主人公・槙野万太郎を神木隆之介(29)が演じる。第1週は万太郎の幼少期が描かれているが、一際輝きを放ったのが万太郎の母・ヒサを演じる広末涼子(42)だ。 

 広末演じるヒサは3度の流産の末に万太郎を産んだが、身体が弱く病床に伏せっているという役どころ。懸命に子供たちの行く末を案じていたが、7日の放送で天国へと旅立ち、お茶の間の涙を誘った。1週間の出演ではあったが、そんな“薄幸な空気”を漂わせた広末の演技にSNS上では、〈大河のような空気感〉〈本当に儚い〉など絶賛の声が相次いだ。『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版刊)の著者で朝ドラウォッチャーの田幸和歌子氏はこう評する。 

「キャストが発表された当初は、『あのヒロスエが朝ドラで母親役?』と驚きの声が多数上がっていました。私も昔から変わらない少女のような透明感に、本当に3児の母なのかと改めて驚きました。そんな広末さんが演じるヒサは息子の万太郎を誰よりも愛し、温かく見守る役柄。病弱で儚いですが、それでいて芯が強い“聖母”のような雰囲気に朝から癒やされた視聴者も多いのではないでしょうか」 

今後は「幽霊」としての登場に期待? 

 今回の広末のキャスティングは、作品の舞台となっている高知県の出身であることも影響していると見られる。田幸氏は広末のナチュラルな「土佐弁」が作品に安心感と信頼感を付与していると言う。 

SNSでも広末さんの土佐弁を絶賛するコメントが多いです。それは“ネイティブ”だからというだけでなく、広末さんの“地元愛(高知愛)”の強さがある気がします。私が過去にインタビューした際には、小中学生時代の親友とずっと連絡を取り合っていることやご自身の“楽観的で壁を作らない”性格は、『空も海も広くて青い自然のなかで育ったからだ』とお話しされていました。朝ドラにとって重要な“幼少期”を彩る重要なキャスティングになっていると思います」(田幸氏) 

 実は広末が神木の母親役を演じるのは、宮藤官九郎脚本のドラマ『11人もいる!』(2011年、テレビ朝日系)に続いて2度目だ。ただ、すでにヒサは亡くなっており順当に行けば今回は神木との共演シーンは見られないかもしれない。田幸氏が続ける。 

「子役から神木さんにバトンタッチする前に、広末さん演じるヒサは亡くなってしまいました。以前、母親役を務めた『11人もいる!』でも“幽霊役”で出演しており、神木さんからは見えないという役どころでした。7日の放送では最後に、亡くなった広末さんが万太郎に語りかけるシーンが描かれました。今後も直接のやり取りは見られないかもしれませんが、神木さんに交代してから“幽霊”などの形で広末さんが登場するシーンがあるのでは……と勝手に期待しています」 

 多くの視聴者を魅了した広末。田幸氏の“妄想”が実現し、「幽霊」としての出演が叶うことを今から祈るばかりだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン