国内

天皇と米の深い繋がり 歴代天皇は稲作を通じて五穀豊穣と国の安寧を祈願、現在も続く皇居内での稲作

皇室の稲作は昭和天皇が始めたもので、上皇さま、天皇陛下へと代々引き継がれている

皇室の稲作は昭和天皇が始めたもので、上皇さま、天皇陛下へと代々引き継がれている(写真/宮内庁提供)

 5月16日、皇居内の生物学研究所脇にある水田。五月晴れの青空の下、長袖のシャツに長靴姿で水田に入られた天皇陛下は、およそ15cmに育った稲の苗20株を、素手で1株ずつ丁寧に植えられた。苗は、うるち米の「ニホンマサリ」と、もち米の「マンゲツモチ」の2種類。いずれも、今年4月に陛下がまかれた種もみから育った苗である。

 天皇が自ら田植えをする「皇室の稲作」は、1927(昭和2)年に昭和天皇が始められて以来の伝統行事だ。皇室解説者の山下晋司さんが指摘する。

「『日本書紀』に記されている神話の世界では、アマテラスオオミカミが孫のニニギノミコトに高天原で作った神聖な稲穂を授け、『人々の“命の糧”としてお米を作りなさい』と命じたことを日本の稲作の始まりとしています。ですから、ニニギノミコトの子孫とされている天皇と稲作には深いつながりがあり、歴代の天皇は米などの五穀豊穣を祈り、国の安寧を願ってきました。その思いは現在まで連綿と続いています」

 古代から中世、近代を経てたどり着いた現代。昭和天皇が始めた皇室の稲作もまた、歴代天皇の願いを受け継ぐものだ。

「最初に昭和天皇がお田植えをされた水田は、いまは園遊会の会場となっている赤坂御用地にありました。昭和3年に昭和天皇と香淳皇后は皇居に引っ越されましたので、皇居内に新たに水田が作られました。以降、この皇居内の水田で稲作が行われ、現在に至ります。天皇の稲作は豊作を願い、農業を奨励するとともに、品種改良などの研究目的もありました」(山下さん・以下同)

 昭和天皇から受け継がれた上皇さまは2009年、皇室の稲作について、「それを行う意義を重視していくことが望ましい」と話された。

「昭和天皇は皇居の水田でお田植えとお稲刈りをされていましたが、上皇陛下は種まきからやろうとお考えになり、お田植えの前に苗代に種もみをまく『お手まき』を始められました。以降、春に『お手まき』、『お田植え』、秋に稲を収穫する『お稲刈り』をされるようになりました」

 収穫された米は、例年秋に行われる重要な宮中祭祀「新嘗祭」などに使われる。皇室の稲作に参加するのは歴代の天皇だけでない。これまで皇居で行われたお手まきやお田植え、お稲刈りでは、皇太子時代の天皇陛下や雅子さま、愛子さま、さらには秋篠宮ご一家が加わり、ご一緒に作業に励まれる場面がしばしば見られた。そのお姿からは、皇室がいかに米作りの「意義」を重視し、取り組まれてきたかがわかるだろう。

 2019年の御代がわりの際は、退位する直前の上皇さまがまかれた種もみを、即位したばかりの天皇陛下が田植えされ、その年の秋に実りの時期を迎えた稲を収穫。平成から令和へ、皇室の稲作のバトンがつながれた。

「国民の代表として豊作を願う昭和天皇のお気持ちは、平成、令和の天皇へと大切に受け継がれました。3代にわたる稲作のリレーはこれからも継続されていくでしょう」

 そうした歴史をひもとくと、米作りがこの国にとっていかに大切なものなのかわかる。稲作、そして米食は私たち日本人を作り上げ、そして結びつける根幹なのだ。

※女性セブン2023年6月15日号

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン