ライフ

著書も話題の人気VTuber、犯罪学教室のかなえ先生が「熟年離婚」「介護」「孫疲れ」にアドバイス

元少年院の法務教官で、現在は犯罪心理学や教育犯罪学の知見から事件などを解説するVTuber「犯罪学教室のかなえ先生」

元少年院の法務教官で、現在は犯罪心理学や教育犯罪学の知見から事件などを解説するVTuber「犯罪学教室のかなえ先生」

 元少年院の法務教官で、現在は犯罪心理学や教育犯罪学の知見から事件などを解説するVTuber「犯罪学教室のかなえ先生」。チャンネル登録者数5万人を超えるかなえ先生が刊行した、『人生がクソゲーだと思ったら読む本』(小学館)が発売前にもかかわらず重版が決まり話題を呼んでいる。

“外見がいいだけで性格が悪い人が評価されるのが許せない”と憤る女性に「アナタがその不細工な心を改めないことにはこの悩みは解決できません」と愛のムチを打ったかと思えば、コロナ禍で失業し、精神疾患を患って生活保護を受けている自分が嫌いだと苦しむ人には「いま働けないのは“運ゲー”の罠。生活保護にバツの悪さを感じるのは真面目さと真摯さの裏返し」と優しく答える──。

 本書で恋愛から“親ガチャ”まであらゆる相談に回答しているかなえ先生だが、そのスタンスは“あえて他人事として回答する”という極めて冷静なもの。

 本誌・女性セブンも読者の悩みをズバッと解決してもらうべく、かなえ先生に話を聞いた。

いまやるべきは前向きな先送り

 都内在住のAさん(53才・仮名)の悩みは「夫と一緒にいるのが精神的に無理」ということ。

「子供も独立したので離婚したいけど、今後の人生が不安。パートで働き続けてきたから20年以上、正社員で働いていない。資格もないし、どうすればいいでしょうか」

 かなえ先生は“先送り”という言葉をキーワードにアドバイスする。

「離婚して家を出ていくべきだと思います。ただ、離婚した後の生活に不安を覚えているということでしたら、ここは一旦問題を“先送り”にしてみることがおすすめ。決断することを放棄するのではなく、決断の先に存在する問題解決の準備を先回りして行うということです。

 例えばパートを増やしたり、時給のよい仕事に変更するなど離婚後も自立した生活を続けられるように生活を整えるのもひとつの手。

 もし“いまの状態も嫌。でも離婚しても生活に困るから嫌”と思っているのなら、それはただのわがまま。先送りする期間を決め、離婚後の人生に一点の光をともす準備を進めてください」

運が悪かったと受け入れるしかない

 千葉県在住の主婦Bさん(63才・仮名)は自宅から片道1時間圏内に住む母親の介護問題に悩んでいる。

「いまは元気だけど、いつ介護が必要になるかわからない。姉と兄は実家から遠く、近場に住んでいる私に面倒を見させようとしています。

 施設に預けようという案も姉と兄がかわいそうと渋っている。なら、あなたたちのどちらかが介護すればと思ってしまう私は心が狭いのでしょうか……」

 かなえ先生はこう言う。

「近場に住んでいるならば、Bさんが介護の中心的役割を担うことになるのは、運が悪かったと受け入れるしかない。これは誰かがやらなければいけないことですし、物理的な距離が離れていることは誰の責任でもない。ですが、少し気になったのがご姉兄さまの反応です。

 基本的に親の介護について口出ししていいのは、実際にやっている人だけ。もしも施設に預ける案を渋るならば、Bさんに対して金銭的な援助等を行うなどして、介護に参加するべきでしょう。何もせず、“お母さんがかわいそう”と口しか動かさないならば、“じゃ、アナタたちがお世話してよ”と言っていいと思います。ご姉兄さまの発言は、Bさんの苦労や負担をあまりにも軽視したものです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン