国際情報

「詐欺師め、呪い殺してやる」 国際ロマンス詐欺で1100万円を失った28歳女性の後悔と「恨み節LINE」

(写真はイメージ)

中高年だけでなく、10代~20代の若年層にも広がる「ロマンス詐欺」の被害(写真はイメージ)

 SNSやマッチングアプリで別人になりすまし、金銭を騙し取る「ロマンス詐欺」の被害が後を絶たない。被害者は年齢は中高年だけでなく、10代~20代の若年層にも広がっている。この犯罪について取材を続け、近著に『ルポ 国際ロマンス詐欺』があるノンフィクションライターの水谷竹秀氏がレポートする(全3回の第1回。本文一部敬称略)。

 * * *
「詐欺師め、呪い殺してやる」

「死ね死ね死ねくそ人間死ね死ね死ね」

 いずれのメッセージも既読にはなっていなかった。これらはロマンス詐欺犯から「俺が騙した」という捨て台詞を吐かれた時に湧き上がった、反射的な怒りの返信だ。

「その時から手の震えが始まりました。ええ! 嘘でしょ! みたいな」

 そう語る本田沙也香(28歳、仮名)は、取材の合間、ネイビーの洒落た帽子を被り続けていた。透明の保護眼鏡をかけ、明るい色の口紅が目立つ。第一印象は華やかなイメージだが、私が出会った被害者の中で、騙されたことを最も根に持っているように見えた。被害直後のLINEメッセージならまだしも、会話の中でさえ、詐欺師のことを「ヤツ」「クソだ」と罵った。

 相手の名は「トニー」。写真の顔は眼鏡をかけ、クールで知的な印象だ。年齢は30代で、不動産投資家だという。

 沙也香は日本人であるが、生まれは中国だ。中国人の両親は幼い頃に離婚し、母が日本人と再婚したのを機に中学生の時に来日した。母はその後、中国に戻ってしまい、沙也香は父とともに日本で暮らす。日本の大学を卒業後、2つの職場を経て、現在はIT系の会社に勤めているOLである。日本語の読み書きには全く問題なく、もちろん中国語もできる。中国にいる母と連絡を取るため、中国のチャットアプリ「WeChat」を使っていた。そのアプリを通じてトニーと知り合った。

「こんにちは」

 中国語でのやり取りが始まり、間もなくLINEへ移行した。ある日、トニーは暗号資産の投資で儲かっているという話を始め、試しにやってみないかと誘ってきた。最初は少額で構わないからと、沙也香は5万円を元手に取引を始めた。すると6万円に増えた。

「元金を増やせば、利益はもっと大きくなるから」

 これは儲かるかもしれない──。淡い期待と欲望の裏には、沙也香自身が置かれていた環境も影響していた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

和田アキ子「お見舞い拒否」でも病室に招き入れた藤原達也 “元ワル”で“ギャンブル好き”な共通点
和田アキ子「お見舞い拒否」でも病室に招き入れた藤原達也 “元ワル”で“ギャンブル好き”な共通点
女性セブン
(時事通信フォト)
HIRO社長カムバックのLDH、新任「社外取締役」「監査役」もスゴかった
NEWSポストセブン
別居と離婚を認めた降谷建志とMEGUMI
《MEGUMIと立場逆転》不倫騒動で株を下げた降谷隆志 学ぶべきだった父・古谷一行さんの対応
NEWSポストセブン
KEIKOが公開した「アーティスト写真」
【12年ぶり素顔公開】globeのKEIKO、マスク外して完全復活へ 「生配信」にも出演
NEWSポストセブン
佳子さまの髪形やファッションを参考にされていたことも(9月、栃木県那須町。写真/JMPA)
「佳子さまに揺るぎない信頼」の愛子さま 雅子さまは何を思う…“思想”から影響を受ける可能性への憂慮
女性セブン
“立ちんぼ”
「手錠が痛かった」歌舞伎町の大久保公園で覆面警察に逮捕されたアイドル似“交縁少女”の告白【前編】
NEWSポストセブン
6日間にわたるベトナムへの公式訪問をされた秋篠宮ご夫妻(9月23日撮影、EPA=時事)
【ガーリーな姫ファッション】紀子さまベトナム訪問のお召し物に見る美智子さまとの共通点
NEWSポストセブン
フレンチフライ(フライドポテト)専門店にいたのは松嶋菜々子と反町隆史(49才)夫妻だった。
【全文公開】松嶋菜々子、復活『GTO』で夫・反町隆史と共演 なぜいま夫婦共演が“解禁”となったのか?
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】木村拓哉、「事務所を立て直す」の強い思いで積極的に“全方位外交” 因縁を越えてDA PUMPのライブも訪問
女性セブン
紀子さま(9月24日撮影、EPA=時事)
【宮内庁騒然】紀子さまが「美智子さまを“皇后”」「ベトナム訪問を“旅行”」と表現されて
NEWSポストセブン
10月には32才となる眞子さんと、小室氏
小室圭さん、セレブ人脈を期待され重要任務に引っぱりだこ 「表舞台から離れたい」眞子さんの希望は遠のくばかり
女性セブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦結婚で「地元の人達は知っていた」相手の素性がなかなか広がらなかった理由
NEWSポストセブン