芸能

イッセー尾形、小日向文世、大泉洋の3人芝居から高田文夫氏が考える「なにかと難しい男同士の関係」

イッセー尾形、小日向文世、大泉洋による舞台『ART』(イラスト/佐野文二郎)

小日向文世、大泉洋、イッセー尾形による舞台『ART』(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、何かと難しい男同士の関係について綴る。

 * * *
 このコラムの先週号のイラスト、いやあ衝撃的だったネ。ドラマ『波よ聞いてくれ』の格好いい小芝風花。あの絵でいっぺんに好きになった男連中も多し。こういうおっさん雑誌(失礼。ポストです)に若い娘がポーンと出てくるのもいいものだ。日頃はこういう時代なのにほとんど男社会、男だらけの世界(逆宝塚的な)で生きてるもので。

 そんな折イッセー尾形から「こんなこともやってます」と案内が届き世田谷パブリックシアターへ。3年前、コロナで突然公演中止となった芝居『ART』。ここも男3人だけの舞台。

 イッセー尾形、小日向文世、大泉洋というぜいたくな組み合わせ。セルジュなんて人が出てくる翻訳もの(少し苦手)。一枚の高価な絵を購入したことから男同士の友情にヒビが入るお話。達者な3人を見るなら東京のあと大阪、福岡ほか行きますので機会を作って見て下さい。

 私の知る限りレツゴー三匹、てんぷくトリオ、今ならジャングルポケットと、男3人はなにかと難しかった。

 家庭に帰っても男同士はなにかと難しい。それが婿と義理の父という微妙な男世界となると。奇行をくり返す変人、怪人の義父夫婦と二世帯暮しをするナイツの塙。義父の不可解な日常をみつめる塙の視線が妙に面白い。一冊の本にまとめて『静夫さんと僕』塙宣之(徳間書店)。この奇妙なバランスは「ヤホー」で調べても分からない。

 多才な塙家、よく考えてみたら兄貴のはなわ(『佐賀県』で大ヒットを飛ばしたり息子達の格闘家ぶりが話題になったり)も数年前『お義父さん』という人情噺チックなお涙もので小ヒットを飛ばした。胸にジーンとくるドキュメントタッチの名曲だったと記憶する(ほとんど忘れたが)。この家は義理の父でどうやら兄弟そろって小銭を稼いでいるらしい。次は義母シリーズでも手掛けるのか。

 そんな中、男世界といえば『サンクチュアリ』のすもう界かチャンバラ大好き時代劇。私の後輩にあたる日芸の放送学科なのに時代劇研究家を名乗る春日太一。私のラジオのゲストに来てもらって「なんで放送学科なのにチャンバラ?」「何言ってんですか。私はテレビ時代劇の研究から入ったんですよ」だと。

「週刊朝日も101年で幕を閉じちゃったし活字界も大変だな」「本当ですよ。お互いに連載やってる“ポスト”だけには踏んばってもらわなくちゃ」だと。その前にお前が踏ん張れ! 逆手斬りだ。

※週刊ポスト2023年6月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン