国内

【ススキノ頭部なし遺体】事件10日前に札幌市内で起こっていた「猫の頭部放置事件」  捜査難航で地元メディアで話題に

現場となったススキノのホテル

現場となったススキノのホテル

 7月2日、札幌市中央区の繁華街であるススキノのホテルの室内で、首を切断された男性の遺体が見つかった事件。男性の頭部や所持品、衣服などはすべて犯人が現場から持ち去り、謎が多い猟奇的事件として多くの注目を集めている。が、発生から1週間以上がたった今も、犯人の特定や逮捕には至っていない。

「北海道警は札幌中央署に捜査本部を設置して、240人態勢で捜査を続けています。7月8日の深夜にも『どんなに小さなことでも知っていることはありますか』と、事件が起きたホテルの周りで通行人に聞き込みをしていましたが、捜査は難航しているようです。

 犯人は被害者男性の携帯電話も持ち去っていましたが、ホテルを出るほぼ同時刻に電源が切られていたことがわかった。計画性の高い犯行で、犯人の性別すら特定に至っていない。警察は長期戦も覚悟して捜査を続けています」(社会部記者)

 被害者は恵庭市の会社員・浦仁志さん(62)。事件当日、家族には行き先を告げないまま札幌市内で行なわれたディスコイベントに参加したことがわかっている。浦さんを知る当日のイベント参加者は言う。

「浦さんは受付を済ませ、会場ではレディー・ガガのような服だと思うんですけど、光沢のある衣装を着て目立っていた」

 一方、地元の恵庭市に住む近隣の住民は、浦さんの印象について「真面目でおとなしい人だった」と口を揃える。同じ会社に勤めていた男性が語る。

「人に迷惑かけたり、恨まれようなこともないし、事件に巻き込まれるような人じゃなかった。室内の建材を製造する仕事で、勤務態度も問題なく真面目だった。お父さんも同じ会社に勤めていたから、親子二代で同じ会社。会社の行事の花見とかで飲んだこともあるけど、特に目立つようなことはなかったよ」

 浦さんは5年前に、地元町内会の区長を務めていたことがわかっている。同じ町内会の女性が語る。

「役員は真面目に務めていらっしゃいましたが、前に出て発言したり積極的に活動に参加するというタイプではありませんでした。町内のお祭りで焼き鳥を焼く人が急遽必要になったときに、主人が浦さんに手伝ってもらったそうですが、仕事の話もほとんどしなかったと言っていました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン