芸能

【真相告白】神田正輝が「激ヤセ」「白髪」で重病説に答えた!「1年半前からやっていること」

重病説が出ていた神田正輝が口を開いた

重病説が出ていた神田正輝が口を開いた

 情報バラエティ番組『朝だ!生です旅サラダ』(ABC放送)でMCを務める神田正輝(72才)。8月19日の放送ではハワイ・マウイ島の山火事に触れた。

「私たちもロケをして放送するつもりだったんですけど、今回、やめさせていただいた。また楽しいマウイ島が戻ってくるように、被害地の一刻も早い復旧を願っています」

 そう沈痛な表情でコメントしたが、SNS上ではマウイ島以上に、やせ細った神田の姿を心配する声が多く集まった。

「スキーの腕前はプロ級のスポーツマンで、もともとは健康的でエネルギッシュなイメージだっただけに、現在のお姿は余計に髪が白くなり、頬がこけたような印象を与えるのかもしれません」(テレビ局関係者)

 最近、視聴者の間で神田の外見の変化が心配されていた。もともと精悍な顔つきでスタイルの良い神田だが、今年に入り、より“スレンダー”な体つきになったこともあり、“激ヤセ”などと報じられることも増えていたのだ。

 ここ数年、神田の周囲ではショックな出来事が相次いだ。2021年1月には長年所属した石原プロが解散。神田も昨年6月に個人事務所をたたんでいる。そして何より、2021年12月には、松田聖子との間に生まれた長女・神田沙也加さん(享年35)が滞在先の札幌で転落死するという悲劇に見舞われる。

「聖子さんと離婚後も、神田さんと沙也加さんの交流は続き、2人の親子関係は良好でした。神田さんは時間を見つけては、沙也加さんの舞台やライブに足を運んでいて、お忍びで訪れた神田さんを見つけた沙也加さんが、『正輝じゃん』と呼びかけることもあったそうです。

 沙也加さんは恋人ができるといつも神田さんに紹介していたそうで、神田さんは毎回、彼氏を交えて食事に行っていたそうですよ。時には電話で沙也加さんの悩みを聞くことあり、『今日の仕事、無理だよ……』と弱音を吐く沙也加さんを、『そうはいっても、プロなんだから』と諭すこともあったと聞きました」(神田の知人)

 愛娘の死後も気丈に振る舞い仕事に励んだ神田だが、現在の仕事は1993年から続く『朝だ!生です旅サラダ』のみだ。

「もともと、数年前から神田さんは台本を覚えることに苦労していて、『台詞を覚えられないから、もう俳優はやらない』と俳優業のオファーは断っていた」(前出・テレビ局関係者)

『女性セブン』2022年10月20日号では、個人事務所の閉鎖と引退説について神田を直撃。そこで神田は、個人事務所閉鎖の理由について〈石原プロモーションも6月に閉めた(登記上は今年6月に閉鎖)ので、それと一緒に閉めました。ぼくは石原プロオンリーですから〉とコメントした。

 さらに今後の仕事については〈石原プロが引き受けた仕事を始末してから考えます。石原プロが引き受けたいままでのものがありますから〉と話している。

 沙也加さんの死以来、徐々に痩せていく神田の様子を心配する関係者は多い。今年に入ってからは、四半世紀にわたり神田の名前を冠していたスキー大会もその歴史に幕を閉じることになった。「仕事を減らし、激やせする神田さんには、重病説まで飛び出しています」(前出・テレビ局関係者)というが……。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン