芸能

綾瀬はるか、主演映画のスタート不調で見えた「アクションへのこだわり」と「観客の期待」のギャップ

アクション志向も強い綾瀬はるか(時事通信フォト)

アクション志向も強い綾瀬はるか(時事通信フォト)

 綾瀬はるか(38)が主演を務める映画『リボルバー・リリー』(8月11日公開)に勢いがない。

 同作は元スパイの綾瀬が陸軍とアクションを繰り広げる物語。公開から10日間で興行収入は4.5億円と、同時期に公開された『君たちはどう生きるか』の約36億円や『キングダム~運命の炎~』の約23億円に大きく水をあけられている。

 かつては多数のヒット作に恵まれた綾瀬だが、このところ出演作の数字がふるわない。1月に公開された映画『レジェンド&バタフライ』の興行収入は約24億円で、映画関係者は「収支を考えると成功とは言えない」と明かした。

「東映創立70周年記念作品で、全国382のスクリーンで上映されました。製作と広告宣伝費には20億円もつぎ込んでおり、東映と映画館などで分配する収益を考えると少なくとも40億円は欲しかった。また、2021年の映画『奥様は、取り扱い注意』は同作のドラマが最高総合視聴率25.6%とヒットしたので映画化しましたが、興行収入は11億円。採算は取れていないと思います」

 なぜ綾瀬の出演作は“消化不良”に終わってしまうのか。映画誌記者が語る。

「綾瀬さんのこだわりと観客の綾瀬像に“ギャップ”があることが一因でしょう。綾瀬さんといえばドラマ『JIN―仁―』(TBS系、2009年)や映画『ハッピーフライト』(2008年)など、健気で元気の良い女性役がハマるように、“身近な女性”のイメージが強い。

 ただ、本人はアクション志向が強いんです。映画『ICHI』(2008年)で初めて時代劇アクションに挑戦して以降、闘う女性像にこだわりを持つようになったそうで、スタントマンが不要なレベルまで殺陣の練習にのめりこみ、筋トレも習慣化した。アクション要素のある作品を選んで出演する傾向が強まりました」

 このイメチェンが奏功した作品もあるが、大抵の出演映画は厳しい結果に終わっている。

「アクション女優のイメージを定着させるまでには、もうしばらく時間と出演作が必要なのかもしれません」(同前)

※週刊ポスト2023年9月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン