芸能

指原莉乃、MC番組続々終了でも人生プランは堅実 「アイドルプロデューサー」「実業家」としての天才的感覚

指原莉乃がMCを務める番組が次々と終了し、波紋を呼んでいるものの…

指原莉乃がMCを務める番組が次々と終了し、波紋を呼んでいるものの…

 民放各局が秋の番組改編に向けて続々と新番組の発表をしているなか、タレントの指原莉乃(30)がMCを務める番組が次々と終了し、波紋を呼んでいる。芸能関係者が言う。

「今年に入り、3月に『月曜の蛙、大海を知る。』(TBS系)、9月4日には『推しといつまでも』(TBS系)が終了し、そして『王様のブランチ』(TBS系)の裏番組として鳴り物入りではじまった『ゼロイチ』(日本テレビ系)も9月末での打ち切りが決まった。なかでも、『推しといつまでも』は始まって4か月という超短期での終了のため、『何かあったのか』と訝しむ向きもある」

 SNS上では指原に対し、「最近見なくなった」「MCに向いていない」「つまらなくなった」などのネガティブな声まで上がっている。大物司会者やタレント、お笑い芸人たちに愛され、「バラエティの女王」の名を欲しいままにしていた指原に何があったのか。テレビ局関係者がこう話す。

「実は以前から、指原さんは『自分は芸能活動を続けていくつもりはない』ということを語っていた。昨年出演した『さしフワご相談ナイト』(フジテレビ系)で『情報番組のMCが最後で、それ以上はないというのを改めて感じた』と話し、『女のタレントとしての限界はすごく感じている』『私には無理だなと思ったから、もうすでに違うお金の稼ぎ方を考えているところ』と、セカンドライフの構想まで明かしています。

 今回の打ち切りラッシュも、ネットで言われるような指原さんのタレントとしての資質云々や、視聴率の低迷の責任を取って、ということよりも、本人の意向が汲まれた部分が大きいのではないか」

 では、指原は自身の今後の人生プランについてどのように計画しているのだろうか。別の芸能関係者がこう話す。

「ずばり“女・秋元康”です。指原さんはプロデューサーとしてすでに、『=LOVE』(イコールラブ)、『≠ME』(ノットイコールミー)、『≒JOY』(ニアリーイコールジョイ)の3つのアイドルグループを手掛けており、『=LOVE』と『≠ME』はメジャーデビューし、人気グループとなっている。

 また、彼女には作詞家としての顔もあり、デビューは2012年のソロアルバム。すでに10年以上のキャリアがあるうえ、『指原さんの歌詞は心にしみる』と特に若い女子たちの心を掴んでいる。

 彼女は自身がアイドルに憧れてこの業界に入ったことから、『女の子が働きやすく輝ける業界にしていく』と抱負を語っており、アイドルプロデューサーとしては天才的な感覚を持った逸材なのです」

 指原の秘めた可能性はそれだけではないという。

「現在の彼女には“実業家”としての顔もある。プロデュースしたつけまつげやカラコンは、毎年数億円といわれる売り上げがあり、『キレイになりたい』という女子の心を熟知した彼女ゆえに、その目利きはプロをも唸らせるもの。今後、服飾やコスメ、ブライダルなどさらなる事業展開を望めば、スポンサーもすぐに集まると言われています」(同前)

 師匠超えなるか。

※週刊ポスト2023年9月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン