国際情報

中国の共産党・政府職員にかかる費用を暴いた大学教授 「国家政権煽動転覆罪」で秘密裏に裁判、懲役4年半の実刑判決

中国共産党・政府職員の費用を暴いたところ

中国共産党・政府職員の費用を暴いた大学教授は逮捕され…

 貴州大学経済学部の楊紹政教授が、約2000万人とされる中国共産党・政府職員(公務員に相当)の給与や諸経費を調査し発表したところ、中国当局によって「国家政権煽動転覆罪」の容疑で秘密裏に逮捕され、非公開の裁判で懲役4年半の実刑判決を受けていたことが明らかになった。米国を拠点に活動している中国民主化グループ「対華援助協会」のウェブページ「CHINA AID」が報じた。

 楊氏の弁護団によると、楊氏は、約2000万人の中国共産党・政府職員が中国の納税者に対し、年間で推定20兆元(1元=約20円)の負担をかけていると計算した論文を学術誌に掲載した。

 その後、楊氏は2017年11月、突然、何の前触れもなく、貴州大学経済研究所教授を解任された。さらに、2年後の2019年11月、中国の秘密警察とされる国家安全省要員によって身柄を拘束され、取調室で手錠をかけられたまま、8時間にわたって尋問をされた。その後自宅に帰らず、家族にも行方も告げずに逃亡生活を送っていたという。

 しかし、2021年5月、楊氏は逃走先で秘密裏に逮捕され、半年間にわたって隔離拘禁された後、「国家政権煽動転覆罪」で起訴され、現在は貴陽第一監獄で服役中だ。上訴したものの、却下され刑が確定した。

 弁護団は今年3月、貴州省検察に行政告発状を提出し、楊氏が国家安全省要員によって「自白」を強要され、数回意識を失い、体重が約25キロも減ったと主張した。弁護団自体も当局から「この事件から早く手を引いた方が身のためだ」などとして、圧力を受けているという。

 ちなみに、最高指導者の習近平国家主席の年収は推定で約41万元とされているが、この額はあくまでも表向きに過ぎない。中国の場合、党政府職員(公務員)の住居費や被服費、あるいは食費、様々な交通費などは国家から別途支給されるが、明らかになっていない。また、中国が公表している国家予算や国防費についても実態を反映していないとの指摘は多い。

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン