ライフ

「政治経済より不倫ネタが好き」山口真由が語る仕事論「10年後の目標を立てるのは難しいなあ」

03-01

情報番組のコメンテーターとしても活躍中

「政治経済についてコメントするのも大切ですけど、実はスキャンダルネタも嫌いではないんです(笑)」

 そうあっけらかんと話すのは、法学博士の山口真由さん。現在は情報番組などにコメンテーターとして出演するほか、信州大学特任教授としての顔をもつ。プロフィールにある東京大学もただ卒業しただけではなく「全優」卒業、司法試験にも在学中に一発合格を果たした。卒業後は財務省に進み、退職後は弁護士事務所でのキャリアを積んだ、“完全無欠”の才女だ。

 誰もが彼女と同じ地位を目指すわけではなく、他人事として崇めていればそれでいい、よく日本にもこんな女性が誕生した……と感動していると、そのキャリアには大きな挫折が隠されていた。そのエピソードを綴った『挫折からのキャリア論』(日経BP)が話題を呼んでいる。

 ジリジリと崖に追い詰められるような屈辱、ひょっとしたら間違った道を選ぶかもしれなかったほどの挫折。これらの詳細を山口さん自身から話を聞いた。(全3回の最終回。第1回第2回を読む)

リサーチの成果がコメントで披露できなくても構わない

──現在のお仕事について聞かせてください。『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系列)や、『ゴゴスマ —GO GO!Smile!—』(CBC、TBS系列)などで、コメンテーターとして活躍されています。著書には「リサーチが得意である」と書かれていましたが、どのくらい準備をされているのか教えてください。

山口真由さん(以下、山口):私、小心者すぎるので、事前に準備をしないと不安なんです。もし本番で固有名詞が出て来なかったらどうしよう、と考えてしまう。だからコメントとして発しそうなことは全部書き留める。さらに放送内容の特集が、大谷翔平だったら、彼に関する本を数冊読みます。読みながら「こんな情報や表現もあるのか」と気づく。インプット、アウトプットを繰り返して本番に臨みます。

──そのリサーチぶり、会社員が見習わなくてはいけない姿勢ですね……。ただ、だんだん繰り返していると自分に変化も出てきませんか? もしくはマンネリ化することもあると思います。

山口:あ〜、あります。昔は大量のリサーチをしたのにまったく使われないで帰ってくることがあると、それが許せなかったんです。共演者のコメンテーターの方と司会者との間でやりとりが盛り上がっているときにわざわざ「私も知っています〜」なんて、会話に割って入ろうとすることもあった。今思うと、浅はかだったなと思います。自分がよく見えることよりも、全体で一つの作品を作り上げる方が大事だなって。

──視聴者側としての視点で思うことはないでしょうか。

山口:先ほどの話に戻りますが、準備してきた情報すべてを発表して帰らないと気が済まない、みたいなコメンテーターがいると昔の自分を見ている気がしますね……。当然のことですが、視聴者はコメンテーター同士が繰り広げる、かみ合わない情報合戦なんて求めていません。これは会社の会議だってまったく同じことだと思います。それがリサーチのみ、発言ゼロでも満足できる自分になった要因でしょうか。

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン