国際情報

イスラエルとハマスが衝突 50年ぶりの“戦争状態”、命を奪われる一般市民たち 悲しみの連鎖はいつ終わるのか

(写真/アフロ)

ガザ地区の死者の4割は子供だという(写真/アフロ)

 事態は悪化する一方だ。ガザとイスラエル、双方の死者があわせて6000人を超え、イスラエルが受けた攻撃でこれほどの被害が出たのは、1973年の「第4次中東戦争」以来だという。

 10月7日、ガザ地区を包囲するフェンスを破り、イスラム組織のハマスがイスラエル領内に侵入。奇襲攻撃によって約1400人が死亡し、約200人が「人間の盾」として連れ去られた。

 イスラエル側はただちに、ガザを空爆した。翌日には、子供20人を含む400人以上のパレスチナ人が死亡。その後も空爆は続いている。イスラエルのネタニヤフ首相が「戦争状態にある」と宣言した通り、奇襲から2週間以上が過ぎても停戦の兆しは見えず、双方の死傷者は増えるばかりだ。

 そのほとんどは、女性や子供など一般市民である。16日にはハマスのSNSで、イスラエル国籍の女性の人質が「早くここから出してください」と訴える様子を撮影した動画が公開された。22日に、ガザ地区の保健当局が発表した情報によれば、パレスチナ人の死者数は4600人を超え、その4割近くが子供だという。

 1948年の建国以来、この地では紛争が絶えない。ユダヤ人(教徒)が主導権を持つイスラエルという国家の枠組みの中に、イスラム教徒が暮らすパレスチナ自治区があるからだ。これまで両者の間では4度の戦争が起きたが、いずれもイスラエルが勝利を収めた。奇襲攻撃を仕掛けた10月は、1973年の第4次中東戦争開始から50年の節目となるタイミングだった。悲しみの連鎖はいつ終わるのだろうか。

●ロンドンでは、人質解放を求める抗議運動が

(写真/アフロ)

(写真/アフロ)

 7日の奇襲攻撃の際、ハマスは約200人をガザ地区に誘拐した。だが10月24日現在、解放されたのは4人のみ。ロンドンでは、人質解放を求める抗議活動も(10月22日)。

●戦闘のため帰国する兵士を空港で鼓舞する女性たち

 ベン・グリオン国際空港では、イスラエル人の女性たちが帰国する男性たちを歓迎していた。イスラエル軍は30万人に及ぶ予備役を招集し、地上攻撃の準備を進めているとされる。

●難民キャンプを爆破され、がれきの上を逃げる

(写真/GettyImages)

(写真/GettyImages)

 イスラエル軍はガザ地区のブレイジ難民キャンプを攻撃し、潜伏していたハマスの最高司令官を殺害した。子供を抱えたパレスチナ人の女性ががれきの上をさまよう(10月17日)。

※女性セブン2023年11月9日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン