ライフ

バス運転手のサングラスに難癖をつけるような高齢者クレーマーとどう向き合うべきか

日差し避けのサングラスを着用する。高齢者が現役だった時代に比べ夏の日差しは厳しさを増している(イメージ)

日差し避けのサングラスを着用する。高齢者が現役だった時代に比べ夏の日差しは厳しさを増している(イメージ)

 ジェネレーションギャップと呼ぶには、あまりに大きなトラブルがたびたび起きている。いたるところで高齢者によって騒動が引き起こされているが、静観して過ぎるのを待つという対処は、高齢化率(※総人口に占める65歳以上人口の割合)が29.0%に達し、今後も増加する日本という社会の対処法として限界を迎えている。高齢者が正しいと信じて起こすトラブルに巻き込まれた人たちの困惑を、ライターの宮添優氏がレポートする。

 * * *
 電車内で泣く赤ちゃんの声に我慢できず、高齢男性が母親に暴言を浴びせる様子がネット上で話題になった。SNSには「まさに老害だ」との声が溢れ、一部マスコミで報じられていることが事実であれば、高齢者の独善的な怒り、新たな価値観を理解しようとしない態度だという他ない。

日差し対策のサングラス着用を断念

 赤ちゃん連れの母親に向かって理不尽な怒りをぶつけた例ほどではなくとも、高齢者による独りよがりな怒りに遭遇してしまい、辟易しているという人は相当数、いるようである。関東の私鉄系バス会社に勤務する斉藤譲さん(仮名・40代)が、この夏に高齢乗客から受けた理不尽な仕打ちについて訴える。

「運転に支障が出ることもあり、夏の日差しが強いときに社内では乗務員のサングラス着用が認められているんです。視力は問題ないのですが、強い日差しが視界を邪魔して危ないと感じたこともあり、この夏からサングラスをかけ始めました。運転しやすく、晴れた日中は手放せなくなりました」(斉藤さん)

 サングラス特有の「威圧感」が客を怖がらせてはいけないと、車内には、乗務員のサングラス着用を知らせるポスターを掲示する配慮もあったという。しかし、斉藤さんはこの夏、男女を問わず何人もの高齢客から、クレームをぶつけられたという。

「まるでヤクザとか、私を脅しているのかとか、さらには客に失礼だから外せと、手が伸びてきたこともありました。実際、サングラスについてけしからんと言うのは高齢者ばかりでした。ポスターを指差し、ご理解をお願いしますと言うと、最近の日本はおかしい、と反発して文句を言うのを止めない。腹立たしいですが、定時運行を守るためにも、すいませんと頭を下げ、サングラスを外すしかなかったです」(斉藤さん)

 結局、斉藤さんはサングラス着用を断念せざるを得なくなった。独りよがりな人が総じてそうであるように、理由を説明しても怒りを引っ込めず、ますます怒り出して時間をとられることが多い。この場合も同じで、高齢者の単なる「お気持ち」を押しつける行為のせいで、安全運行に支障が出かねない事態に陥ったことに他ならない。公共交通機関関係者が高齢客からこうした仕打ちを受けるのはもはや「日常的だ」というのは、都内在住の鉄道乗務員・河合晃さん(仮名・20代)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン