スポーツ

楽天・安樂智大、ナンパでも悪評「嫌がって逃げる女性を執拗につけまわす」「未成年と知っていても飲みに誘う」

安樂智大(時事通信フォト)

「ナンパ」に関する情報も出た安樂智大(時事通信フォト)

 今度はプロ野球界のハラスメントが明るみに出た。宮城・仙台に拠点をおく東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する安樂智大投手(27才)が、後輩選手に対して恒常的にパワハラ行為を働いていたという。

「暴言や人格を否定する発言に加え、食事の誘いを断ると、その日の深夜に何度も電話をかけたりしたこともあったそうです。頭部を平手打ちされて、むち打ちに似た症状を発症した選手もいます。また、逆立ちさせて、下着を脱がせて下半身を露出させ、性器に靴下をかぶせて笑いものにしたりと、とにかく悪質です。チーム内の被害者は10人を超えるとみられています」(スポーツ紙記者)

 安樂は高校野球の名門・済美高校(愛媛)出身。2年生エースとして春のセンバツでチームを準優勝に導き、同年の夏の甲子園にも出場するなど、甲子園のヒーローだった。その実績を引っさげて、高校卒業後即プロ入り。だが、その裏で陰湿ないじめを繰り返していたようだ。

 10月7日に、ある投手が500試合登板を達成したのを記念して行われた写真撮影の場では、安樂が後輩選手を後ろからキックする様子が収められ、いじめが日常的に行われていたことをうかがわせる。小突かれた選手や周囲は苦々しい表情を浮かべているが、対照的なのはそばにいた田中将大投手(35才)が笑顔を浮かべていたことだ。

「安樂は田中のことを兄貴分のように慕っており、頻繁に食事にも行っていた。本来、田中のようなベテラン選手は後輩の手本にならなければいけませんし、いじめ行為などを見かけたら諫めることが求められる立場なのですが……」(前出・スポーツ紙記者)

 スポーツ報知はウェブ版で、前述した「下半身露出」の現場に《田中将も居合わせていたという証言もある》と報じた。だが、安樂の行きすぎた行為はこれだけにとどまらなかった。球団関係者が話す。

「安樂のナンパ癖は有名で、遠征などに行くたびに、宿舎近くで女性に声をかけ、トラブルになることも少なくなかった。春季キャンプなどもそうですが、宿舎近くには“プロ野球選手の追っかけ”のような女性が結構いる。そういった女性の中には、選手から声をかけられると舞い上がってしまう人もいますから、ナンパのハードルが低いと思っていたのかもしれません」

 地方在住の21才の女性Aさんは、2021年8月、北海道・札幌市内にあるコンビニで安樂から声をかけられた。Aさんの友人が明かす。

「最初、Aは安樂さんから声をかけられ、それを嫌がって別のコンビニに逃げたら、そこまで執拗についてきたんだそうです。根負けして連絡先を教えたら、頻繁にメッセージが届くようになりました」

 安樂がAさんに送ったメッセージは次のようなものだ。

《LINEつきあってーな》
《男嫌いやないんや笑笑》
《女の子らしい、格好しないよね?笑笑》

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン