芸能

永野芽郁の武道館イベント、坂口健太郎や斎藤工らがお忍び観覧 ビデオメッセージでは呼び捨て、兄妹みたいな“めいたろう”コンビ

永野の登場に泣き出すファンも多かった

永野の登場に泣き出すファンも多かった(左は坂口)

 グゥォングゥォンという排気音が激しく鳴り響く。サングラス姿の女性が大型のハーレーダビッドソンにまたがって、猛スピードで走る映像が流れると、約1万5000人の観客で埋めつくされた会場からは、大きなどよめきが沸き起こった──。11月23日、普段のかわいらしいイメージとは真逆の精悍な表情を見せたのは、単独イベント「永野芽郁 非公開in日本武道館」に臨んだ永野芽郁(24才)だ。

「国内の現役女優としては初となる単独の日本武道館イベントで、当日まで内容がまったく明かされていないにもかかわらず、チケットは一般発売からわずか20秒で完売しました」(芸能関係者)

 歌手でもない、ダンサーでもない彼女が一体何をやるのか──ファンの間では、期待と同時に、不安も高まっていたが、2時間半のイベントはサプライズの連続だった。朝ドラ『半分、青い。』(2018年)で共演したお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平(52才)と一緒にクイズや寸劇で笑いを誘ったかと思えば、自身が作詞作曲した歌をピアノで弾き語りして、ファンを魅了。

 なかでも観客を沸かせたのは、昨年末に『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たしたシンガーソングライター・Vaundy(23才)とのコラボだ。永野が主演したNetflixのドラマ『御手洗家、炎上する』の主題歌『カーニバル』を、Vaundyが生で歌い出すと、バックで永野がドラム演奏を始めたのだ。

「ドラムは永野さんの趣味で、ストレスがたまったときには必ずたたくのだとか。曲のフィナーレではVaundyがドラムの横にあるせり上がりに足をかけて、彼女と目を合わせて歌うシーンもあり、大きな歓声があがっていました」(前出・芸能関係者)

 先輩から後輩まで、幅広い交友関係を築いていることで知られる永野には、応援メッセージも多く届いた。鈴木亮平(40才)、今田美桜(26才)、水川あさみ(40才)、ムロツヨシ(47才)など、錚々たるメンツが愛の溢れるメッセージを送る中、実は直接会場を訪れ、応援にかけつけた人も。

「ビデオメッセージで『めいー!』と親しそうに呼びかけていた坂口健太郎さん(32才)がお忍びで観覧していたんです。他にも、萩原利久さん、斎藤工さん、青山テルマさんらも来ていました。坂口さんは、会場の端の方で黒い帽子を深く被っていましたが、背が高くて、顔が小さくて……。かなり目立っていたので、周囲はザワついていました」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン