坂口健太郎一覧

【坂口健太郎】に関するニュースを集めたページです。

第23回(6月12日放送)から北条泰時役で登場する坂口健太郎(共同通信社)
『鎌倉殿の13人』北条義時の長男は「金剛=北条泰時」ではなかった?
 源義経(菅田将暉)、八重(新垣結衣)、後白河法皇(西田敏行)と、前半ストーリーの主要登場人物が次々と世を去り、征夷大将軍・源頼朝(大泉洋)の死期も迫ってきた『鎌倉殿の13人』。これからは主人公・北条義時(小栗旬)ら有力御家人の権力闘争が中心となる展開を迎え、八重との間に産まれた幼い息子・金剛も、後に三代執権となる北条泰時(坂口健太郎)へ成長していく様子が描かれる。だが義時の所領では、その泰時には「兄がいた」という伝説が残っている。 伊豆の国市の江間地区。鎌倉時代には北条氏の支配下にあり、狩野川を挟んで反対側には北条時政が居を構えた北条邸跡や、北条氏の氏寺として知られる願成就院がある。北条義時が「江間小四郎」と呼ばれたことからもわかるように、江間は義時の所領で『鎌倉殿の13人』でも義時が江間を領地とすることを頼朝に所望する場面が描かれた。 現在の江間は伊豆でも屈指の「いちご狩り」スポットとして知られ、シーズンを迎えると各地から家族連れが訪れ、駐車場は自家用車や観光バスで一杯になる。その駐車場周辺には鎌倉時代、大きな池があったと伝わる。伊豆の国市が発行する『北条家 歴史散策マップ』にはこんな解説がある。《江間の池田(現在の伊豆中央道江間料金所周辺)には、かつて大蛇の棲む池があったそうです。北条義時の長男安千代は千葉寺への勉学のため通っていましたが、ある帰り道に池の堤を歩いていると、突然大蛇が現れて安千代を呑みこんでしまいました。知らせを聞いた義時が弓矢で戦いましたが、大蛇の両目を射ただけで、安千代を助けることができませんでした。2匹の大蛇は日守山へ向かい、男坂・女坂を越えて逃げていきました》 千葉寺は江間の西方にあった寺。日守山は江間の北側にあり、男坂(おさか)と女坂(めさか)はその山道だ。義時に射られた大蛇が逃げた後、池の水が減って田んぼになり、「池田」という地名になったとの言い伝えもある。 義時が建立した北條寺に祀られた阿弥陀如来像は、安千代の冥福を祈って作られたと伝わる。この北條寺の境内には義時夫妻の墓が建っているが、この夫人は正室となる「姫の前」(比奈=堀田真由)ではなく、継室の「伊賀の方」である。(大河ドラマでは菊地凛子が演じる「のえ」として描かれるとみられる)《安千代という子どもは一般の歴史書には出てこないため、実在したかどうかは定かではありません。しかし、江間の各地に共通して伝わる義時と大蛇の話は、この地で起こった事件と、それに立ち向かう義時の姿を伝説の形で語り伝えたものでしょう》(前出の『北条家 歴史散策マップ』より) 義時の長子が実在し、幼くして落命する悲劇が起きなかったら……。三代執権はこの“兄”が就いていた可能性もあっただろう。泰時が制定した日本で最初の武家法典「御成敗式目」も生まれず、鎌倉幕府の歴史は大きく変わっていたかもしれない。
2022.06.12 16:00
NEWSポストセブン
高畑充希
高畑充希「坂口健太郎が元カレなのにモテない自慢」が鼻につかない理由
 太ももの部分が大胆に割けたゆったりめのダメージジーンズをハイウエストで履き、モスグリーンの大きなかばんを肩から斜め掛けして闊歩するのは、女優の高畑充希(30才)。ゴールデンウィーク明けの5月中旬。主演舞台『奇跡の人』の出演終わりに寄った都内のレストランから出てきた高畑は、さすがの女優オーラが放っていた。 実は、この店は5年交際した元恋人の俳優・坂口健太郎(30才)と半同棲していた自宅近くの行きつけ。それでも、この自然な振る舞い。もう過去は引きずってはいない様子だ。 ある演劇関係者は「演劇界では、演技も歌唱力も抜群で人気もある彼女は、替えの効かない女優さんとして、常に出演してもらいたい存在です。映画やドラマにも引っ張りだこの“超”が付く人気者です」と話す。 10代のころは、15才から6年間演じ続けた主演ミュージカル『ピーターパン』のイメージに合わせてショートヘアだったが、二十歳を過ぎてから髪を伸ばすと、「全くモテなかったのが、10%はモテるようになって、分かりやすいなって。しばらく伸ばしていました(笑)」と、ロングヘアでイメージチェンジをしていた。ただ、昨年に出演したトーク番組では「そろそろ30(才)も見えてきたので、やっぱり自分の好きな感じでいようと思って切っちゃいました」と告白。 ある芸能関係者は「ちょうど昨年の元日に坂口さんとの破局報道が出たところで、髪をばっさり。心機一転なんだなと勘繰りました」と振り返る。 2010年代前半のころの高畑は、独身時代の前田敦子(30才)や俳優の柄本時生(32才)、池松壮亮(31才)と、互いに「私たちってルックスが微妙、ブスだよね」と慰め合う『ブス会』を結成していた。これまでのテレビでも、たびたび「モテないネタ」で笑いを取ってきている。 ただ、実際は顔も小さくスタイルも良くて、共演者からもしょっちゅうモーションをかけられるほど「モテモテ」だという。 坂口も、2016年のNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の共演がきっかけだった。「当時からイケメン俳優として大人気だった坂口さんを射止めたとあって、多くの女性たちからの羨望の的でした。ただ、すごかったのは、それでも同性視聴者たちに嫌われなかったところ。普通なら坂口さんと付き合っておきながら『モテない自慢』するなんて、あざとくて嫌われそうですが、彼女は、芝居も歌もうまい実力派で、飾らないし謙虚な性格が視聴者にも伝わっているので、好感度は下がりませんでした」(前出・芸能関係者) 実は、高畑の父は、大阪の年商10億円以上も稼ぐ会社の社長。本人も、偏差値70超えの全国有数の名門私立中学に中学受験で合格した才女。「お嬢様でありながら才能も豊かな努力家と、非の打ち所のない人なのに、親しみやすさが売り。だから、共演して彼女を良く知ると、惚れてしまう男性が出てくるわけです」(前出・演劇関係者) いよいよ7月からは、一昨年にコロナ禍で中止されていた、世界的名作ミュージカル『ミス・サイゴン』の主演が始まる。「ミュージカル界の女優にとっては、トップ・オブ・トップしか演じることのできない作品。高畑さんのこれまでの集大成になるでしょう」(前出・演劇関係者) プライベートは一旦置いておいて、まだまだ高みに上っていく。
2022.05.30 16:00
NEWSポストセブン
番組公式HPより
清野菜名の『ハンオシ』 逃げ恥メソッドを踏襲するアッパレな戦略
 ヒットドラマの”法則”は、コアなファンにとって心地よいものである。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(通称『ハンオシ』)の放送時間はTBS火曜日の午後10時。そう、『逃げるは恥だが役に立つ』『恋はつづくよどこまでも』『私の家政夫ナギサさん』等のヒットラブコメを連発してきた時間枠です。 率直に言って今回の『ハンオシ』は、『逃げ恥』ほどの人気を集めているとはいえないけれど地味に手堅い。視聴率を見ても第1話9.4%からスタートし第4話で10.0%と二桁台にのせ、今週放送された第6話は9.2%(関東地区 世帯視聴率)と、後半に入っても底堅く安定飛行を続けています。 この時間枠にTBSがラブコメをブレずに貫いてきた一定の成果であり、視聴者の潜在的ニーズをきっちりと掴んでいる証しでしょう。 物語は--イケメンの広告マン・百瀬柊(坂口健太郎)に“偽装結婚”を頼まれた大加戸明葉(清野菜名)。結婚に全く興味がなかった明葉も、突如必要となった資金のため「返済したら離婚する」という条件付きで借金+偽装結婚に応じることに。 そもそも明葉はデザイナーで“おひとり様最高”のバリキャリ。百瀬も「不毛な恋の隠れ蓑として既婚者になりたい」という不純な動機を持つ。 いわば、両者仕方なくスタートした偽装結婚ですが、二人の距離は微妙に近づき胸キュンシーンも挿入され……まさしく逃げ恥メソッドを踏襲したTBSのラブコメ路線、したたかです。 今作は特に、キャスティングに注目でしょう。何といっても百瀬役の坂口健太郎さんは、直前までNHK朝ドラ『おかえりモネ』で大人気の「菅波先生」を演じていて朝ドラが終わったとたんにTBSへと横ずれ。百瀬の人柄も菅波先生に通じるところがあり、やや不器用で女性とつきあった経験も多くはない。となるともはや菅波先生と別人と言われても視聴者は自然に朝ドラに重ねてしまい、あるいは混同する形で坂口さんを見つめてしまう。 考えてみればアッパレな戦略です。NHKで盛り上がったキャラの成果をそっくりスライドさせて活かすとは。こういう方法もあったのか、と膝を打つ。 一方、朝ドラで菅波先生の相手役・百音を演じたのは清原果耶さんでした。その女優オーラにちょっと自分を重ねられなかった視聴者も、こう言っては失礼だけれど清野菜名さん演じる明葉にはリアリティを感じてほっと一安心。 スッピンに近い薄化粧で髪ぼさぼさの寝起き顔、仕事に熱中する他はちょっとずぼらで部屋も雑然としている。細かいことは気にしないタイプでいちいち男性に裏声を出したりシナを作ったりしない……とくれば、仕事に忙しい女性たちのリアルにかなり近く、感情移入しやすい視聴者も多いのではないでしょうか。 百瀬を演じる坂口健太郎さん、そして明葉役の清野菜名さん共に配役の妙。「試しにそのうるさい口、黙らせてみましょうか」と百瀬にささやかれキスしそうになったり、百瀬のネクタイぎゅっと引っ張ってキスとなれば少女漫画的王道路線を邁進しています。 胸キュンラブコメの「型」を活用しながら、しかし持続的効果的に使うには、常に点検や補修に気を配らねばならないはず。だから路線を維持することは、実はクリエイティブな行為とも言える。 TBS火曜日ラブコメのキャスティングに注目してみると……『逃げるは恥だが役に立つ』の新垣結衣×星野源、『恋はつづくよどこまでも』の上白石萌音× 佐藤健、『私の家政夫ナギサさん』の多部未華子×大森南朋、そして今回の清野菜名×坂口健太郎。 それぞれ独自テイストのパワフルな配役です。「胸キュン」を保ちつつも全然違うテイストのカップルによって、それぞれドラマ世界の味わいを出していく工夫は巧者であり評価されるべき点ではないでしょうか。
2021.11.27 16:00
NEWSポストセブン
母親孝行に?朝ドラ好評の坂口健太郎が再来年の大河『どうする家康』に出演
母親孝行に?朝ドラ好評の坂口健太郎が再来年の大河『どうする家康』に出演
 10月29日の最終回を目前に控えたNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』。放送中、話題を独占したのが、坂口健太郎(30才)演じる若手医師・菅波光太朗先生だ。物語の舞台の1つ、宮城県登米市の診療所に通ううちにヒロイン・百音(清原果耶・19才)と知り合い、少しずつ距離を縮めていくのだが、人気を集めているのは、彼の格好よさではないところにある。 菅波は愛想がなく無骨、視聴者がヤキモキするほど不器用ながら、それを上回るほど誠実で、彼の一挙手一投足から目が離せなくなってしまうのだ。その人気は高く、菅波が劇中で愛用するサメのキーホルダーを模した商品が9月21日に発売されるも、即完売し、入荷待ちの状態となった。 不器用系男子という新ジャンルを確立した坂口は、今後も期待作への出演が続く。10月19日にスタートするドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)では清野菜名(26才)とW主演を務める。「新しい現場に入ったばかりの坂口さんは、休憩中に、スタッフ全員の名前を忘れないように、指を折りながらブツブツと唱えている姿がよく目撃されています(笑い)」(ドラマ制作スタッフ) 2022年春には映画『余命10年』が公開予定だ。「昨年から1年かけて四季のシーンを撮影した大作で、坂口さんは主題歌のRADWIMPSの曲を聴いて涙し、『これは自分の代表作になる』とスタッフに力強く語ったそうです」(映画関係者) 坂口は2010年に男性ファッション誌『MEN’S NON-NO』でモデルデビュー。2014年からは俳優業にも進出し、目元がシャープで唇が薄い「塩顔男子」としてブレーク。当然のように、プライベートでも女性の影が見え隠れする。「彼は朝ドラヒロインキラーでもあるんです」 と言うのは、NHK関係者だ。坂口は、『あさが来た』(2015年)の波瑠(30才)、そして『とと姉ちゃん』(2016年)の高畑充希(29才)との交際が報じられてきた。「特に高畑さんとは4年に及ぶ大恋愛でした。半同棲をしていた時期もあり、結婚もあり得るとみられていたのですが、昨年末に破局。正統派女優との交際は、彼のイメージ通りだったのか、女性人気は落ちていないようです」(前出・NHK関係者) 公私ともに話題に事欠かない坂口だが、そんな彼の原動力の1つが家族だという。「実は、坂口さんは7年ほど前にお父さんを亡くしているんです。坂口さんはお父さんに似たんですかね、お父さんは背が高くて、かなりのイケメン。無類の車好きで、クラシックカーを2台も所有していて、坂口さんはとても懐いていました。 突然亡くなってしまったから、当時お母さんはかなり憔悴してしまい、それ以来、彼は母親孝行を欠かしていないんです。いまはお姉さん夫婦とお母さんが一緒に住んで、きょうだいそろってお母さんをサポートしているようです。朝ドラも、出演すればお母さんが喜ぶだろうと思っていたそうですが、ここまでの人気は想定外だったみたいですね」(坂口の知人) そんな坂口に、再び大きな母親孝行のチャンスが巡ってきた。「再来年の大河ドラマ『どうする家康』に出演が決まったようです。大河出演は、お母さんのたっての願い。スタッフからも、過酷な朝ドラを乗り切る実力があるから大河も任せられるという信頼感を得ています」(ドラマ関係者) お母さんだけでなく、日本中が出番を待ちわびている。※女性セブン2021年10月21日号
2021.10.07 07:00
女性セブン
【動画】高畑充希、坂口健太郎と“完全決別” 新生活をはじめていた
【動画】高畑充希、坂口健太郎と“完全決別” 新生活をはじめていた
 今年元旦に破局が報道された坂口健太郎さんと高畑充希さん。高畑さんはひとり、デザイナーズマンションに引っ越していました。 交際中の4年の間には2人で同じタワーマンションに転居。その後、坂口さんは別のマンションに1人では持て余すほどの大きな部屋を借り、半同棲生活をスタートしていました。破局後、今回の引っ越しになったようです。 高畑さんの知人は引っ越しについて「本人は破局が原因とは言いませんが、やっぱり思い出深いし、気まずいので引っ越したんだと思います」と話しています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.04.15 16:00
NEWSポストセブン
高畑充希、坂口健太郎と“完全決別” 思い出深い部屋から引っ越し
高畑充希、坂口健太郎と“完全決別” 思い出深い部屋から引っ越し
 緊急事態宣言が明けた3月21日の夜、都内の高級タウンで食事を終えて帰路につく女優の高畑充希(29才)を発見した。カウンターとテーブル席で17席というこじんまりとした和食小料理店から、店主に送られて友人女性3人と退店。帰宅した自宅は、以前まで住んでいたマンションとは別の場所だった。 高畑の知人がこっそりと明かす。「今年に入って、超高級タワーマンションから築20年近いデザイナーズマンションに引っ越しました。やっぱり前の自宅には、良いことも悪いことも思い出がいっぱいありすぎたのかもしれません」 高畑は、約4年間交際していた俳優の坂口健太郎(29才)と“マンション内同棲”から半同棲へと発展し「結婚も視野に」と報じられてきたが、かつての愛の巣から転居していたのである。 2人は、2016年ごろから交際をスタートさせた。当時、2本のドラマで立て続けに共演したことがきっかけだった。特に高畑が主演したNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』での共演はインパクトが大きく、日本中に注目されるカップルだった。 交際中の4年の間には、破局報道が出たこともあったが、お互いに仕事は順調、さらに「マスコミに撮られないようにと、2人で同じタワーマンションに転居。マンション内で誰にも知られないように逢瀬を続けていました。その後、坂口さんは別のマンションに1人では持て余すほどの大きな部屋を借り、半同棲生活を始めていました。周囲からは、結婚の可能性もとささやかれるほどだった」(前出・高畑の知人) しかし、転機は昨年に訪れた。今年の元日付けのスポーツニッポンが、2人の破局を報道。坂口のある関係者も「30才を目前にして将来に対する考え方にも相違が出てきて、昨年秋には別れました」と認めた。 高畑が住む新居は、かつてのマンションとは場所も雰囲気も異なる。前出の高畑の知人は「もちろん、本人は破局が原因とは言いませんが、やっぱり思い出深いし、気まずいので引っ越したんだと思います」と話した。 現在は、この日の夜のように気晴らしをする相手も同性の友人ばかりで、新恋人がいる気配はない。「彼女は、1、2月は舞台の稽古場と自宅の往復ばかり。3月は3年ぶりの主演ミュージカル『ウェイトレス』に全力投球でしたよ」(前出・高畑の知人) 1~3月には、昨年末までに撮影していた主演連続ドラマ『にじいろカルテ』(テレビ朝日系)が放送されて、今月はこのミュージカル。そして5月には、菅野美穂(43才)と尾野真千子(39才)とトリプル主演する映画『明日の食卓』の公開と、まさに出ずっぱり、引っ張りだこだ。心機一転の2021年は、さらに飛躍する1年となりそうだ。
2021.04.05 16:00
NEWSポストセブン
ジムでのトレーニングを終えて出てきた
永野芽郁「高級パーソナルジムで美ボディづくり」の現場目撃
 2月中旬の夜。シックな黒のロングコートとスニーカーに、バッグを肩にかけた姿で迎えの車に乗り込んだのは、女優の永野芽郁(20歳)。都内のジムでトレーニングを終えたところだった。3月6日には、坂口健太郎主演でヒロインを演じた映画『仮面病棟』が公開。4月24日に発売する2nd写真集『No cambia(ノーカンビア)』も期待されている。そんな永野の知人が明かす。「永野さんが通うのは、格闘家やダンサー出身の女性トレーナーによる個人指導を専門とする高級パーソナルジムです。トレーナーはカッコイイ女性ばかり。永野さんは暇を見つけては通って、けっこうキツめの筋力トレーニングにストイックに励んでいるんですよ。露出した服はめったに着ないのであまり知られていませんが、スレンダーな美ボディの持ち主です」 永野はヒロインを演じたNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』の放送終了から半年後、昨年3月に1st写真集『moment』を発売した。ただし、水着グラビアはなく、朝ドラヒロインの清純なイメージをキープした内容だった。ある出版関係者は「前作は夏のフロリダで撮影されたのですが、水着などのセクシーなカットはありませんでした。当時は、朝ドラで作った印象を踏襲し続けたかったでしょうから」と解説する。 それからわずか1年で2冊目となる写真集を出すのは、そんな前作が好評だった証しだろう。「田中みな実さんの写真集がバカ売れするなど、ここに来て写真集市場が再び盛り上がっています。近年は露出過多なだけでなく、女性読者を意識して、見ていてキレイな写真が求められている。永野さんの2作目の写真集は、前作以上のインパクトを残さないといけないですし、20歳の記念作なので、より大人になった永野さんを表現する1冊になるはずです」(前出・出版関係者) ユネスコ世界遺産に登録されているコロニアル建築が美しいメキシコの内陸都市・グアナファトで撮影されたという2nd写真集。馬にまたがった先行イメージカットは、防寒着を羽織った1枚。その表情からは少し大人びた印象を受けるが、筋トレに精を出す彼女が、どれだけ成長した姿を見せてくれるのか、ファンならずとも気になる中身となりそうだ。
2020.03.08 16:00
NEWSポストセブン
破竹の人気を誇るKing Gnuのメンバー
なぜKing Gnuの曲はCMや映画に引っ張りだこなのか
 音楽シーンに突如として現れた、サウンド、ビジュアルともにオリジナルセンスと完成度を誇る、“トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル”を掲げる4人組ロックバンド、King Gnu。 2019年1月にメジャーデビューし、同年のNHK『紅白歌合戦』へ初出場。『情熱大陸』(MBS制作・TBS系列2月23日放送)で7か月にわたる密着ドキュメントが放送されるなど、デビュー1年余りで破竹の進撃を続けている。 バンドは2015年にSrv.Vinci名義で活動を開始し、メンバーチェンジを経て常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。2017年春にアメリカのショーケースイベント「SXSW2017」に出演、「Japan Nite US Tour 2017」で米国ツアーを回り、4月にバンド名をKing Gnuに改め新たなスタートを切る。 同年夏には日本の代表的ロックフェスティバルFUJI ROCK FESTIVAL’17に出演を果たし、ソングライターの常田は米津玄師の楽曲「アリス(※原題は中国語表記)」に共同プロデュース・アレンジ・ギターとして参加。彼らの存在は早耳の音楽リスナーのなかで大きな話題となっていく。 翌年からその勢いは加速し始めた。2018年9月、フジテレビ系TVアニメ『BANANA FISH』のエンディングテーマである「Prayer X」を表題にしたシングルを発表。2019年1月にフルアルバム『Sympa』でメジャーデビューし、日本テレビ系 土曜ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌「白日」がたちまち大ヒットを飛ばした。 その後もプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手が出演するANAの国内版テレビCM「ひとには翼がある」篇のCMソングとして「飛行艇」を、坂口健太郎出演のブルボン「アルフォート」のCMソングとして「傘」を書き下ろし。年末にはNHK『紅白歌合戦』に出演し「白日」をパフォーマンス。『輝く!日本レコード大賞』でも優秀アルバム賞を受賞するなど、1年足らずでJ-POPシーンに風穴を開ける存在となった。 駆け足で辿った経歴からもわかるとおり、彼らは様々な企業や作品のタイアップ曲を書き下ろす機会に恵まれている。その理由として大きく挙げられるのは、バンドが持つ「バンドサウンドという枠を超越した音のアプローチの豊かさ」と「スタイリッシュでありながらパッション溢れるロックバンドとしての姿勢」だ。 King Gnu自ら“トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル”を名乗るとおり、彼らのサウンドは、オルタナティブロック、サイケデリックロック、ハードロックなどのロックを基盤に、ジャズやヒップホップ、クラシックなど様々な音楽性を取り入れている。文字にしてみるとなにやら難解な楽曲に思えてしまうが、それをポップに色づけるのが井上陽水や山下達郎、玉置浩二といった歌謡曲を彷彿とさせる耽美なメロディだ。 そのメロディを歌うのが、常田と井口というふたりのボーカリストである。低音が艶やかに響く常田、東京藝術大学声楽科出身という実力を持つ繊細な高音が特徴的な井口と、ふたりの声のキャラクターは全くもって正反対。本来なら散漫とした印象を与えがちになるが、様々なサウンドアプローチが可能なバンドにとっては、それは武器にしかなり得ない。 たとえば彼らの代表曲としても名高い「白日」。楽曲の冒頭から井口の繊細なファルセットに焦点を当て、そこにピアノの音色を重ねることで、透明感をより際立たせる。 そのバラードのテンションで続くかと思いきやヒップホップのビートが重なり、Bメロに入る直前、ターンテーブルのスクラッチ音でファンクやヒップホップといったブラックミュージックのアプローチへとシフト。その場面転換をきっかけにメインボーカルは常田となるも、サビで再び井口の高音が飛び込み、常田の低音がそれを支える──といったふうに、King Gnuの音楽は一定のテンポ感を保ちながらも非常にカラフルな展開を見せていく。 イントロの印象と地続きの世界観を保ちながらも、非常にドラマ性の高いサウンドメイクが計算されているのだ。 さらに「白日」で言えば、井口のボーカルで始まるイントロが劇中に流れた瞬間、ドラマの主人公の心情がふっと動き出すような効果が生まれる。ひとりで始まった音楽に少しずつ音や声が重なる様子は、主人公を取り巻く環境へと景色が映っていく様子ともシンクロする。よりドラマの世界観を立体的に立ち昇らせる楽曲だ。 そしてタイアップの機会に恵まれるもう一つの理由が「スタイリッシュでありながらパッション溢れるロックバンドとしての姿勢」。King Gnuの音楽が単なる洒落たBGMにならないのは、熱を帯びているからだ。「飛行艇」はその最たる例で、ずっしりと重いビート感にサイケデリックロック的なギターのリフレインのイントロは、大空を飛んでいく雄大さだけでなく、地面を蹴り上げて飛び立っていくような力強さを感じさせる。映像のイメージを落とし込むだけでなく、人間の熱を感じさせる演奏は、より作品や商品の人間ドラマを浮き上がらせることに成功した。 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の主題歌「どろん」も、SNSミステリーという題材を充分理解したうえでサウンドが組まれた楽曲と言っていい。 マイナーコードのギターに重なる常田と井口による早口の歌い出しは静かに恐怖を突きつけるようにシリアスで、曲中にもハードロック的な重めのサウンド感やシャウトが多用されるセクションもあるなど、鬼気迫るものがある。 だがその一方、金管楽器や軽快なビートを用いて“スマホ”という身近でキャッチーな存在や、千葉雄大、白石麻衣、成田凌といった若手キャストによるポピュラルティや華やかさを投影。バンドの生のグルーヴは、恐怖に立ち向かう人間の底力を表現している。 というように、作品や商品の空気感を重要視しながらも、バンドの特性を生かしたソングライティングとアレンジ、演奏を繰り広げるからこそ、彼らは数々のタイアップ楽曲の書き下ろしを実現できる。 彼らの楽曲には音楽力と人間力の両方が不可欠であり、それが彼らがロックバンドとしてJ-POPシーンに存在できる理由と言っていいのではないだろうか。そしてその多岐にわたる選択肢を持つサウンドの調合の可能性はまだまだ未知の世界。“ニュー・トーキョー・ミクスチャー・スタイル”は、これからも新しい時代を切り拓いていくだろう。●文/沖さやこ(音楽ライター)●画像提供/ソニー・ミュージックレーベルズ
2020.03.08 16:00
NEWSポストセブン
【動画】高畑充希と坂口健太郎、“婚前同棲” 帰宅写真
【動画】高畑充希と坂口健太郎、“婚前同棲” 帰宅写真
 閑静な住宅街に建つ高級マンション。1月下旬の22時過ぎ、白のニットに身を包み、ボストンバッグとトートバッグに紙袋とたくさんの荷物を抱える高畑充希さん。 破局報道もあった坂口健太郎さんと同棲をスタートしたようです。坂口さんの知人によると「昨年7月頃、坂口さんがまず引っ越した」そうです。 新居は、超高級マンションで、160平方メートル以上もある3LDK。高畑さんも今はほとんどこの部屋で生活しているそうで、事実上、同棲生活を送っているようです。
2020.01.31 16:00
NEWSポストセブン
高畑充希と坂口健太郎、破局説出たが“婚前同棲”開始
高畑充希と坂口健太郎、破局説出たが“婚前同棲”開始
 一部では破局報道もあった高畑充希(28才)と坂口健太郎(28才)が、ついに同棲を始めたという――。 閑静な住宅街に建つ高級マンション。1月下旬の22時過ぎ、白のニットに身を包み、ボストンバッグとトートバッグに紙袋と、たくさんの荷物を抱えた女性が入っていく。 2月7日に主演映画『ヲタクに恋は難しい』の公開を控えるなど、相変わらず多忙な高畑だ。最近、彼女のプライベートで気になる情報が。坂口との破局が報じられたのだ。 高畑と坂口は、2016年1月放送の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)で初共演し、その直後、NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(2016年4~10月放送)で再共演。これを機に恋へ発展した。2017年の秋には、高畑が坂口の住むタワーマンションに引っ越し、別々の部屋で“マンション内同棲”を開始している。「ともに連ドラや映画などに引っ張りだこで多忙なふたりは、セリフを覚える時間やひとりになれる空間も欲しかったようです。帰宅が深夜になることもあれば、早朝ロケに備えてゆっくり寝たいこともある。別々の部屋に住むくらいの距離感がちょうどよかったのでしょう」(坂口の知人) 会いたい時にすぐに会えるけれど、互いを束縛しない生活がピッタリだったようで、ふたりは順調に愛を育んできた。 しかし、ここ数か月、ふたりの姿がマンション内で見られなくなった。ついには高畑が引っ越して破局した、という情報も飛び交った。前出の知人によれば、事実は違うようだ。「昨年7月頃、坂口さんがまず引っ越したんです。新居は、超高級マンションで160平方メートル以上もある3LDK。高畑さんも今はほとんどこの部屋で生活しています。婚前同棲といえるのでは? という人までいます」 冒頭、高畑が帰宅したのは、ふたりの新たな愛の巣というわけだ。これまで、あえて同じ部屋に住むことを選ばなかったふたりが、ついに同棲に踏み切ったわけだが、その決断に至るには、さまざまな思いもあったようで…。「実は、昨夏引っ越した後も、ふたりとも以前の部屋を解約していないんです。一緒に住んでやっていけるのかという“お試し期間”みたいなものだったのかもしれません。ただ坂口さんは今年になって覚悟を決めたようで、近々、以前の部屋を解約する予定だそうです」(前出・坂口の知人) ゴールインに向けて、着実に歩みを進めているようだ。※女性セブン2020年2月13日号
2020.01.29 16:00
女性セブン
横から見るとさらに筋骨隆々の坂口
坂口健太郎 ワイルドヒゲ&細マッチョのセクシーTシャツ姿
 仕事を終えた坂口健太郎(28才)が手を振って共演者の満島ひかり(33才)と別れ、帰って行く。Tシャツ姿だが、鍛え抜かれた胸筋や二の腕に思わず視線を奪われる。 坂口は現在、シェイクスピア原作の舞台『お気に召すまま』に出演中だ。「公演前には坂口さんが直接、パンフレットを手売りしてくれたり、サービス満点です」(公演を見た人) 複数の恋人同士の姿が描かれるシェイクスピア作品だが、“性の混乱”がテーマのこの舞台では、ワイルドにヒゲをたくわえた坂口が脱ぎまくる。「坂口さんはもともと細身でしたが、今は筋トレにハマっていて、筋骨隆々。その体を間近に見て、坂口さんに惹かれる女性ファンも増えています」(舞台関係者) 甘いマスクと細マッチョ──最強です。※女性セブン2019年8月22・29日号
2019.08.11 07:00
女性セブン
【動画】小栗旬、山田優、坂口健太郎…豪華すぎる食事会の背景
【動画】小栗旬、山田優、坂口健太郎…豪華すぎる食事会の背景
 小栗旬さん、坂口健太郎さん、そして山田親太朗さんに吉田鋼太郎さん。豪華メンバーが集まった食事会の様子をキャッチしました。 その食事会には、小栗さんの妻の山田優さんの姿も。小栗さんは自宅近くに自らの稽古場を構えるほど研究熱心。この食事会の店は、稽古場帰りに寄る行きつけの店だそうです。 この日の会合は深夜11時半頃まで続きました。その間、吉田さんや山田親太朗さんが小栗さんの子供を連れ出して、あやす姿も見られたそうです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2019.05.05 16:00
NEWSポストセブン
星野源と初共演の小栗旬 豪華な役者仲間と夜の会合
星野源と初共演の小栗旬 豪華な役者仲間と夜の会合
「2020年公開の映画が続々と発表されていますが、なかでも今から大ヒット間違いなしといわれているのが、『罪の声』(全国東宝系)です」(スポーツ紙記者) この作品は、昭和最大の未解決事件を題材にした人気作家・塩田武士の同名ベストセラー小説で、2016年に「週刊文春」ミステリーベスト10で国内部門第1位を獲得し、山田風太郎賞にも輝いている。 原作だけでもヒットのにおいがするが、小栗旬(36才)と星野源(38才)の“W主演”となれば、期待は高まるばかりだ。2人が共演するのは意外にも今回が初めてだという。それだけではない。「監督は『いま、会いにゆきます』や『麒麟の翼~劇場版・新参者』などを手掛けた土井裕泰さん。さらに脚本が『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)を担当した野木亜紀子さんなんです。野木さんは昨年、テレビ界における数々の賞を総なめにした『アンナチュラル』(TBS系)も手がけた、今最も旬なヒットメーカー。俳優陣といいスタッフといい、“不自然”なくらい豪華ですよね」(前出・スポーツ紙記者) 星野と野木がタッグを組むとなれば、『逃げ恥』ファンとしては見逃すわけにはいかない。 一方の小栗は、勝負の時を迎えている。来年公開の『ゴジラVSコング』ではハリウッド進出が決定。今後、活躍の場を海外に広げようとしているという。小栗は自宅近くに自身の稽古場を構えるほど研究熱心で、その“役者魂”に惹かれて錚々たる俳優陣が稽古に訪れることでも有名だ。4月中旬の夜9時頃にも、こんな豪華な光景が見られた。「小栗さんの稽古場近くの飲食店に、小栗さん・山田優さん(34才)夫妻と2人の子供、優さんの弟の山田親太朗さん(32才)、さらに吉田鋼太郎さん(60才)や坂口健太郎さん(27才)らが入っていくのを見かけました。そこは小栗さんたちが稽古場帰りに食事をする行きつけの店で、演劇論を交わしながら、時にはヒートアップしすぎてしまうこともあると聞いています」(居合わせた近隣住民) その夜の会合は深夜11時半頃まで続き、その間、吉田や親太朗が小栗の子供たちを外に連れ出してあやす姿も見られたという。『罪の声』の撮影はスタートしたばかり。星野がこの稽古場に足を運び、お酒を飲みながら演劇論を交わす日も近そうだ。※女性セブン2019年5月9・16日号
2019.04.30 07:00
女性セブン
6月末からニューヨークに留学する予定だという野村
野村周平&琉花、りえ&森田… 平成最後の芸能人デート4連発
 ついに令和の時代到来まであとわずか。そこで、本誌・女性セブンが平成の最後にキャッチしたアツアツカップルの姿をお届けします!◆野村周平(25才)&琉花(21才) 元カノ・水原希子(28才)と破局した野村が選んだ新恋人は人気モデルの琉花。都内の住宅街を変装もせず、堂々と腕を組んでデート。片時も離れたくないようだ。◆宮沢りえ(46才)&森田剛(40才)「平成」を数多くの恋で彩ったりえが、最後に選んだのが森田。ふんわりとしたベージュのワンピース姿のりえを夫が甲斐甲斐しく支える。周囲を行き交う人々も「もしかして?」と二度見しちゃいました!◆小栗旬(36才)&山田優(34才) 都内の人気焼き鳥店で吉田鋼太郎(60才)、坂口健太郎(27才)らと食事を楽しんだ小栗夫妻。2児に恵まれ、“パパ歴”ももう5年となった小栗は、子供のあやし方も手慣れたもの。◆西島秀俊(48才) ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)、映画『空母いぶき』と主演作品が相次ぎ、多忙を極める西島。たまの休日は“イクメン”に大変身。※女性セブン2019年5月9・16日号
2019.04.29 16:00
女性セブン
2LDKで男2人暮らし(番組公式HPより)
「W主演」ドラマ急増 背景に単独主演はれるスターの減少も
“平成最後”の連続ドラマがいよいよ始まった。『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』のヒットの後を受け、期待が高まる「日曜ドラマ」枠は、『あなたの番です』。フジテレビ伝統の「木曜劇場」には『ストロベリーナイト・サーガ』が登場。日本テレビの「新・水曜ドラマ」は『白衣の戦士!』。テレビ東京の木曜深夜「木ドラ25」枠からは『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』、同じくテレ東金曜深夜の「ドラマ24」は『きのう何食べた?』。実はこれら5作にはある共通点がある。それが「W主演」だ。舞台・ミュージカルではよく聞く「W主演」。ドラマ界でも増加の“なぜ”を追った。◇2人の組み合わせを見てほしいという思い『白衣の戦士!』は、中条あやみ&水川あさみによるW主演。病院を舞台にしたお仕事コメディだが、そんな看護師ドラマで記憶に残る過去の作品の1つが、観月ありさ主演『ナースのお仕事』(フジテレビ系)だ。  同作で話題を集めたのが、観月演じる新米ナース・朝倉いずみと、その指導役である先輩看護師・尾崎翔子を演じた松下由樹の掛け合いだ。そんな新人とベテランの凸凹コンビによって成り立っていた『ナースのお仕事』も、観月の単独主演だった。 だが今回の『白衣の戦士!』は先述の通り、中条&水川のW主演。こうした背景には、本作が2人の看護師のコンビネーションで繰り広げられることを最初から前面に打ち出そうという意図が見て取れる。つまり何をおいても彼女たちを見てほしいという制作サイドの思いの表れなのであろう。  ちなみに中条は今作が「連ドラ初主演」。これをキャッチコピーにすることもできたはずだが、それよりも知名度や女優の格としては上の水川とのW主演をうたうほうが、“強い”と制作サイドが考えたのではないか。 ◇恋愛ドラマも「W主演」としたほうが伝わりやすい 今月5日からスタートした深夜ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。これは同性愛カップルが主人公の物語で、西島秀俊と内野聖陽がW主演を務める。こうした恋愛もので重要なのは、恋人は誰と誰なのかということ。そこで「AとBによるW主演の恋愛ドラマ」と銘打てば、恋する2人が誰なのかを即時に伝えられる。今回のドラマでは、西島と内野がカップルになるという意外性のある構図を一言で解説できるというメリットもあるだろう。 新・日曜ドラマ『あなたの番です』のW主演は、人気絶頂の田中圭と、奇跡の51歳・原田知世の2人。彼らは夫婦役だ。こちらも「W主演」とすることで、テレビや雑誌などでPRする際、異色の組み合わせをダイレクトに表現できる。◇幅広いファンを取り込める この『あなたの番です』でさらに言えるのは、2人の役者のファンを同時に取り込めるということだ。つまり田中圭のファンだけではなく、原田知世をデビュー当初から知っている同世代もターゲットにできる。 『ストロベリーナイト・サーガ』のW主演は二階堂ふみ、KAT-TUN・亀梨和也だ。こちらも似たような“もくろみ”が働いているだろう。二階堂のファンだけではなく、熱狂的な人が多いと言われる亀梨のファンの視聴者も獲得できるのだ。◇“season1”との差別化を図れる 『ストロベリーナイト・サーガ』のルーツはかつて同じフジテレビ系で放送され、ヒットしたドラマ『ストロベリーナイト』である。 同作で主演を務めていたのは竹内結子。警部補・姫川玲子を演じ、捜査一課殺人犯捜査第十係を率いていた。その部下の巡査部長・菊田和男を演じていたのが西島秀俊。2人によるコンビは人気を博し、劇中では2人一緒になるシーンも多かった。だが彼らが”名バディ”を組んでいたにもかかわらず、同作は「W主演」ではなかった。 今回の『ストロベリーナイト・サーガ』も二階堂の単独主演だけでも“通り”はいいはずだが、これを二階堂&亀梨としたことは、今作ではより菊田のキャラクターを押し出そうという狙いもあるだろう。 そんな、「season1」との違いを鮮明にする意図は、『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』でも見て取れる。このW主演は乃木坂46山下美月と、『3年A組』の逢沢博己役で名を馳せた萩原利久。昨年1月期にオンエアされた前作『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』では元乃木坂46・西野七瀬と野村周平の恋愛模様が描かれたが、こちらは西野の単独主演だった(西野はオンエア時、現役メンバー)。◇映画界でもW主演が急増 もちろん、これまでもW主演ドラマがなかったわけではない。例えば1988年、社会現象を巻き起こした『抱きしめたい!』(フジテレビ系)は浅野温子、浅野ゆう子のW主演。1993年の『振り返れば奴がいる』(同系)も主演は織田裕二と石黒賢だった。 だがこれまで述べてきたように、1つのクールにこれだけ「W主演」作品が集中することが今まであっただろうか。 テレビドラマだけではない。映画界でも「W主演」が“流行っている”。  今年すでに公開されたものだけでも『雪の華』登坂広臣&中条あやみ、『翔んで埼玉』二階堂ふみ&GACKT、『あの日のオルガン』戸田恵梨香&大原櫻子、『九月の恋と出会うまで』高橋一生&川口春奈、『君は月夜に光り輝く』永野芽郁&北村匠海などがある。 さらにこの先に封切られる予定、もしくは実写化が発表された「W主演」映画も、横浜流星&中尾暢樹『チア男子!!』、坂口健太郎&吉田鋼太郎『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』、三浦貴大&成海璃子『ゴーストマスター』、堤真一&ナインティナイン岡村隆史『決算!忠臣蔵』、松本穂香&渋川清彦『酔うと化け物になる父がつらい』、上白石萌音&山崎紘菜『スタートアップ・ガールズ』など多数控えている。◇突出したカリスマスターの減少も こうしたW主演が増えた遠因としては、例えば木村拓哉、米倉涼子、綾瀬はるか、堺雅人らのように単独主演で視聴率、あるいは興行収入が見込めるスターが少なくなっていることもあるだろう。つまり2人タッグを組むことで、力を補い合う狙いだ。今の時代、そうした孤高の存在を立てるよりも「2人」が物語を織りなす作品のほうが、親近感が持たれるのかもしれない。 ただ結局は、単独主演でもW主演でも、大事なのはそうした”看板”より内容である。「W主演」という聞こえのいい響きを裏切らない作品を期待したいところだ。(芸能ライター・飯山みつる)
2019.04.23 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン