スポーツ

記録ずくめだった大谷翔平の2023年 打者専念の来季は「60本塁打」「三冠王」も夢ではない

記録ずくめのシーズンを送った大谷翔平(写真=AP/AFLO)

記録ずくめのシーズンを送った大谷翔平(写真=AP/AFLO)

 WBC優勝を皮切りに、投手として2年連続2桁勝利、打者として44本塁打で日本人史上初のホームラン王と、2023年も連日の大谷翔平による記録更新に日本中が驚きと歓喜に沸いた。

「シーズンを通じ、投打ともに素晴らしかった。戦線離脱しなければ本塁打55本以上は確実、投手としても15勝は固かったはずです」(NHK MLB解説者・武田一浩氏)

 今季の大谷のホームランは、3年連続で34本以上をマークしたのもさることながら、150メートル超の特大アーチや今季MLB最速となる時速190キロ超の打球速度も話題となった。だが、驚くのはそればかりではない。

「打率3割4厘、95打点の成績もすごいが、驚くのは大谷の“対応力”。日本人は左のサイドスローのスライダーを苦手とする打者が多いのですが、大谷は対戦する中で修正を繰り返し、あらゆる球種が打てるようになった。進化の度合いとスピードが桁外れです」(武田氏)

 投手としても、160キロを超える直球や、昨季から多投し磨きのかかったスイーパーで、10勝5敗、防御率3.14という好成績を残している。

「来季は打者に専念しますから『60本塁打』『三冠王』も夢ではありません。ケガを克服して二刀流で復帰する2年後はどれだけの数字が並ぶのか、楽しみです。移籍先はドジャースやレンジャーズなどポストシーズンに出場できる強いチームを希望しているはず。近い将来、ワールドチャンピオンの大谷が見られるかもしれません」(武田氏)

 記録ずくめだった今シーズンの進化を経て、大谷は来季、もっと飛躍してくれるはずだ。

取材・文/小野雅彦

※週刊ポスト2023年12月15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン