スポーツ

記録ずくめだった大谷翔平の2023年 打者専念の来季は「60本塁打」「三冠王」も夢ではない

記録ずくめのシーズンを送った大谷翔平(写真=AP/AFLO)

記録ずくめのシーズンを送った大谷翔平(写真=AP/AFLO)

 WBC優勝を皮切りに、投手として2年連続2桁勝利、打者として44本塁打で日本人史上初のホームラン王と、2023年も連日の大谷翔平による記録更新に日本中が驚きと歓喜に沸いた。

「シーズンを通じ、投打ともに素晴らしかった。戦線離脱しなければ本塁打55本以上は確実、投手としても15勝は固かったはずです」(NHK MLB解説者・武田一浩氏)

 今季の大谷のホームランは、3年連続で34本以上をマークしたのもさることながら、150メートル超の特大アーチや今季MLB最速となる時速190キロ超の打球速度も話題となった。だが、驚くのはそればかりではない。

「打率3割4厘、95打点の成績もすごいが、驚くのは大谷の“対応力”。日本人は左のサイドスローのスライダーを苦手とする打者が多いのですが、大谷は対戦する中で修正を繰り返し、あらゆる球種が打てるようになった。進化の度合いとスピードが桁外れです」(武田氏)

 投手としても、160キロを超える直球や、昨季から多投し磨きのかかったスイーパーで、10勝5敗、防御率3.14という好成績を残している。

「来季は打者に専念しますから『60本塁打』『三冠王』も夢ではありません。ケガを克服して二刀流で復帰する2年後はどれだけの数字が並ぶのか、楽しみです。移籍先はドジャースやレンジャーズなどポストシーズンに出場できる強いチームを希望しているはず。近い将来、ワールドチャンピオンの大谷が見られるかもしれません」(武田氏)

 記録ずくめだった今シーズンの進化を経て、大谷は来季、もっと飛躍してくれるはずだ。

取材・文/小野雅彦

※週刊ポスト2023年12月15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン