芸能

【メディア初インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かす父の記憶「まったく飾らない人だった」

木本慎之介さん

木本慎之介さんが語る父・西城秀樹さんの記憶

 西城秀樹さんの急逝から5年半が経過。当時中学3年生だった長男の木本慎之介さんは二十才を迎え、父と同じ道を歩み始めた。大スターを父に持つがゆえの葛藤と覚悟。芸能界デビューを目前に控えた慎之介さんの、メディア初インタビュー。【前後編の前編。後編を読む

 * * *
「正直に言うと、生前、父のことを“すごい”と思ったことはありませんでした。なんでみんなから“秀樹さん、秀樹さん”と慕われていたのか理解ができなかった。でも、いまはわかります。誰よりも父に憧れ、尊敬し、ファンになったから。父のことをこんなふうに思えたのは、最近のことです。ぼくも音楽の世界で生きていこうと決めたから」

 そう力強く語る彼の真っ直ぐ前を見据える瞳は、若かりし頃の父親によく似ている。木本慎之介さん(20才)。昭和の大スター西城秀樹さん(享年63、本名・木本龍雄)の長男だ。

 11月12日、ヒロミ(58才)が主催するイベント『ハチオウジダマシイ Festival & Carnival2023』が東京・八王子市内のライブ会場で行われ、とんねるずの木梨憲武(61才)が大トリで登場。慎之介さんは、そのステージでバックコーラスを務めた。木梨が「西城秀樹さんの長男です」「まもなくデビュー。準備していますので、覚えておいてください」と紹介すると、会場に集まった観客は驚きの声をあげた。

「いきなりの登場で、皆さん驚いたでしょうが、ぼくにとってもサプライズだったんです。だって、出演が決まったのは3日前ですから。ぼくのドラムの先生から突然電話が入って、“コーラスが足りなくなったから”って声をかけてもらえて。ノリさんとはほとんど初対面でしたが、失礼のないようにと3日間で必死に10曲を覚えました」(慎之介さん・以下同)

 この日のサプライズ出演は、多くのメディアで報じられた。慎之介さんにとって「西城秀樹」の名前の偉大さを改めて感じる一日になった。

 西城さんは言わずと知れた大スターだ。1972年に16才でデビューすると、同世代の郷ひろみ(68才)、野口五郎(67才)と共に「新御三家」と呼ばれ男性アイドルのトップに君臨した。『愛の十字架』や『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』などのヒット曲を連発。のどが張り裂けそうなほどに全身全霊をこめて歌うスタイルは“絶唱型”と呼ばれ、多くのファンを虜にした。

 しかし華々しい経歴を持つ一方で、西城さんの半生は病との闘いでもあった。2001年、一般人だった美紀さん(51才)と結婚した直後に脳梗塞を発症。回復したものの、2003年6月に公演先の韓国で再発してしまう。以来、何度も脳梗塞に見舞われたが、そのたびにリハビリに励みステージに立ち続けた。

 長男の慎之介さんが生まれたのは2度目の発症の直後、2003年9月。その前年には長女が、2005年には次男が誕生し、西城さんは40代後半にして、3人の子供に恵まれた。慎之介さんが幼い頃の父の記憶を振り返る。

「地元の庶民的な飲食店や銭湯に通い、まったく飾らない人。普段は芸能人らしさを感じさせませんでしたね。怒られた記憶はほとんどなく、本当に優しい父でした。父がドラムをやっていた影響でぼくも5才からドラムを習い始めましたし、よく地元の川崎フロンターレの試合にも連れて行ってもらった。試合のハーフタイムショーに父が登場して歌うこともありました。それでぼくも“サッカーをやりたい”と思うようになったんです」

 小学3年生で慎之介さんが入団したサッカークラブは、OBに三笘薫選手(26才)や権田修一選手(34才)ら、日本代表選手を何人も輩出する名門中の名門だった。

「最初はなかなか試合に出ることができなかったのですが、父と母が見に来てくれていたから、試合に出られないのが悔しくて……毎日、必死に練習して、6年生の頃にはレギュラーを勝ち取れました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン