芸能

『ふぞろいの林檎たち』石原真理子が明かした故・山田太一さんとの秘話「ロスに届いた手紙」

石原真理子(左)が山田太一さんとの思い出を振り返る(時事通信フォト)

石原真理子(左)が山田太一さんとの思い出を振り返る(写真右=時事通信フォト)

「まさかお返事を頂けるとは思わなかったので、本当に嬉しかった。山田さんから届いたのは縦書きの便箋3枚で『誠意あるお手紙をありがとうございました』という一文から始まっていました」──そう懐かしそうに語るのは、女優・石原真理子(59)である。

 昭和の名女優として知られる彼女の代表作『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)は1983~1997年にかけてパートI~IVが放送され、日本中を魅了した。脚本を手がけた山田太一さん(享年89)は11月29日に老衰のため死去したが、手がけた作品はテレビ史に刻まれている。石原は当初、パートIIIの出演を固辞していた。

「その頃は米ロサンゼルスで生活していて、スタッフから国際電話で出て欲しいと頼まれましたが、IとIIの撮影があまりに辛くて色々と考えていました。すると『山田さんがお手紙を欲しいと言っています』と言うので送ったところ、ご本人からお返事が届いたのです」

 1985年2月、石原は歌手・玉置浩二との不倫が発覚し、記者会見で涙ながらの謝罪に追い込まれた。その1か月後に始まったパートIIでは、石原演じる晴江は看護師からタバコを吸うホステスへと転職し、自由奔放な言動が目立った。

「イメージが悪くなりかねないセリフが気になり、精神的に本当に大変で……。『スタジオに行くと胃が痛くなるので』と要望を伝えました」

 山田さんから届いた返信には「真理子さんの気持ちはよく分かりました。では違う形にしましょう」とあり、役柄を調整した。

「晴江の人格が真面目で素直になり、私自身に近づいていました(笑)」

 出演を承諾した石原は1990年初頭、東京・赤坂のイタリア料理店でプロデューサーを交え3人で夕食を共にした。

「山田さんはミートソース、私たちは蟹足の2つ乗ったアラビアータパスタを注文しました。パンを取り分けると『気を遣ってくれて真理子さんは優しいね』と言われたのを今でも覚えています。素朴で気取らない、物腰の柔らかい方でした」

 訃報は自宅のテレビで知ったという。

「心のどこかに撮影時のつらい記憶が残っていましたが、今は吹っ切れて完結しています。一緒に作品を作った経験は、私の誇りであり宝です」

 林檎は今も輝いている。

取材・文/西谷格(ライター)

※週刊ポスト2023年12月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン