ライフ

公式キャラクターへの批判に動じなかった三重交通 「文句を付けたもの勝ち」の風潮にブレーキかけた意義

三重交通の公式HP

三重交通の公式HPより

 多様性は尊重されるべきだが、時に思わぬところから槍が飛んでくる時代でもある。コラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
 世の中には何でも「性的」に見える人が、一定数いらっしゃるようです。その方々にかかれば、世界遺産の屋久杉も「この枝ぶりは性的だから伐採すべし!」と言われてしまうかもしれません。

 先日、三重交通が創立80周年を記念して発表した公式キャラクターに対して、その手のセンサーが発達している方々から、「女性キャラクターがくねくねポーズをしているのが性的だ」「くびれがあるのが性的だ」という批判が寄せられました。露出が多いわけでも巨乳なわけでもないキャラクターを見て「性的でケシカラン!」と憤ることができるのは、ある意味、すごい才能です。

 いや、そういう方々が振り回している批判の根拠を知らないわけではありません。女性キャラだけにくねくねポーズをさせているのはおかしい、かわいさを強調しているのは不自然だ、公共交通の広告としては不適切だ……といったことを主張なさりたいんですよね。どれも、見事に「批判したいがための屁理屈」と言えるでしょう。

 世の中は、少しずついい方向に変化しています。かつては「性的でケシカラン!」という批判の声が上がると、何でもいいから誰かを叩きたい人たちが群がってきて、企業や団体の側も「面倒臭いからやめておこう」と引き下がるケースが多々ありました。そんな成功体験の快感が忘れられずに、鵜の目鷹の目で標的を探している人がいるようです。

 しかし、三重交通は立派でした。批判の声がまだまだ盛り上がっていた2月初めの段階で、「今回のキャンペーンに変更はありません」と言い切ります。さすが三重交通! 三重県生まれの私にとっては生まれて初めて乗ったバスであり、今も伊勢市内で伊勢うどんを食べ歩くときには三重交通のバスが頼りです。日頃から親近感と恩義を感じている三重交通が、イチャモンを毅然とはね付けてくれて、心からの拍手を送りました。

 もし、自己満足を味わいたいだけのイチャモンに屈していたら、その手の人たちを調子づかせて、また一歩、世の中が窮屈になるところでした。しかし、屈しなかったことで、結果として「文句を付けたもの勝ち」という風潮にブレーキをかけてくれました。いや、バスだけにと言いたいわけではなく。

 世論の後押しも見逃せません。批判の声が上がると同時に「このキャラの何がいけないんだ」「三重交通がんばれ」という応援の声が、勢いよく巻き起こりました。そう、何でもかんでも不適切よばわりしたがる人たちに対する違和感や反発は、しっかりと積み上がっています。それも、そういう人たちがどうでもいい文句をせっせと付けてくれたおかげと言えなくもありません。何事も塞翁が馬ですね。

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン