マネージャーが撮影した本人お気に入りの1枚

マネージャーが撮影した本人お気に入りの1枚

 当時も売上10.6万枚とヒットしたものの、同期はさらに上を行っていた。細川たかしはデビュー曲『心のこり』で、岩崎宏美は2枚目『ロマンス』でオリコン1位を獲得。ともに80万枚を超えた。

「大ヒット曲を出す凄い方たちばかりでしたので、『私はお芝居もしてるし』と心のどこかで折り合いを付けようとしていました。歌番組の最後にみんなで並ぶ時も、つい後ろの方へ行ってしまい、性格的にも前に出ることができなかったんだと思います。事務所の方に『真ん中に行きなさい』とよく注意されていました」

 それでも、『青春の坂道』は時代を越えて愛される曲になった。YouTube Musicの再生回数では同じ松本の作詞で、リリース時にヒットチャートを賑わせていた『木綿のハンカチーフ』(1975年12月発売/オリコン最高2位/86.7万枚)の1151万回を上回っている。松本は2003年に掲載されたと思われる『作家で聴くJASRAC会員作家インタビュー』でこう話している。

〈ヒットの基準については、シングルをリリースして3ヶ月以内に売上枚数が30万枚に届かなかったら失敗という考え方があるけど、僕はリリース時に数万枚のセールスしかなくてもその後少しずつ売れ続けたら、同じように価値があると思っています〉

〈チャートには出なくても、本当に価値がある作品は後世に残っていきます。だから、その場限りのヒットを目指すのは意味がないことだと思う。「目先のえさにダマされるな」っていうのが若いアーティスト達へのアドバイス、かな(笑)〉

 令和の『青春の坂道』のヒットは、この言葉を具現化している。

【プロフィール】岡田奈々(おかだ・なな)/1959年2月12日生まれ、岐阜県出身。1974年にスカウトされ、オーディション番組『あなたをスターに!』でチャンピオンに。1975年『ひとりごと』で歌手デビュー。歌手と女優を両立していたが、1979年に女優を主軸とする。代表作に映画『あゝ野麦峠 新緑篇』『里見八犬伝』、ドラマ『俺たちの旅』『スクール☆ウォーズ』など。今夏から1年間、芸能界デビュー50周年を記念する企画を予定

◆文/岡野誠:ライター、松木安太郎研究家。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)では本人へのインタビュー、関係者への取材、膨大な資料を元に1980年代から1990年代にかけての芸能界、アイドル界の変貌も克明に描いた。巻末付録では田原の1982年、1988年の全出演番組(計534本)の視聴率やテレビ欄の文言、番組内容なども掲載

関連キーワード

関連記事

トピックス

ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
強く、優しく、凜とした母を演じる石田ゆり子(写真/NHK提供)
《『虎に翼』で母親役を好演》石田ゆり子、プロデューサーや共演者が驚いた“愛される力”「ストレスかかる現場でも動じない人」
週刊ポスト
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン