芸能

《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)

《2024年2月14日、フリーアナウンサーの馬場典子との結婚したことを報告した》──1990年代後半から2000年代にかけて日本のドラマや映画で活躍したアジアンスターの金城武(50)に、”結婚情報”が浮上した。発端は今年2月、オンライン百科事典「ウィキペディア」にある金城の項目に突如、書き込まれた上記の一行情報だった。相手とされたのは元日本テレビの馬場典子アナウンサー(49)だった。

 金城と馬場アナの結婚情報を巡っては2月中旬頃からX(旧ツイッター)では、真偽を確かめるつぶやきが広がり始めていた。ネットでも《金城さんは馬場典子さんと結婚しましたか?》という質問が投稿されるなど物議を醸していた。そんななか、NEWSポストセブンが取材を進めると、意外な事実が判明した。

金城武の「今」

 台湾で生まれ育った金城は、日本人の父と台湾人の母を持つ。インターナショナルスクール在学中にスカウトされてCM出演。それを機に歌手デビューし、多くの香港映画に出演した。

 1998年には、深田恭子出演のドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)に音楽プロデューサー役で出演すると、たちまち日本で大ブレイク。北京語、広東語、台湾語、英語が堪能で、2000年以降は台湾に拠点を置き、アジア映画を中心に俳優活動を続けている。

「金城さんのプライベートは謎に包まれていて、台湾ではミステリアスなスターと言われています。とてもシャイな性格で、メディアの取材に応じることもほとんどありません。結婚説については、これまでも中国系メディアでは幾度となく報じられ、2009年にも日本人女性と結婚していると同メディアで取り上げられました。

 しかし、金城さんの所属する事務所のマネージャーは当時、『まったくのデマ。プライベートをいっさい明かさないので勝手な憶測が飛び交うのでしょう』と、結婚説を全否定していました」(スポーツ紙記者)

 海外ではCM出演などしているようだが、日本では表立った活動をしていない金城。そんな彼に浮上したのが馬場アナとの結婚情報だった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン