芸能

【稀代の漫画家・鳥山明さんの素顔】賞金10万円欲しさに漫画に挑戦、「3か月後に新連載」の条件で終わった『Dr.スランプ』

鳥山明さん(時事通信フォト)

鳥山明さん。「家族の力」を命を削って描いた(時事通信フォト)

 世界のエンタメ界を席巻する日本の漫画家たちが、口を揃えて「憧れの存在」と語るのが、鳥山明さんだった。一般の読者はもちろん、同業者の心までつかんで離さなかった理由には、鳥山さんが持ち続けた「矜持」があった。【前後編の前編。後編を読む】

 アラレちゃんと則巻千兵衛・みどり夫妻の家族が描かれ、2匹のガッちゃんやオボッチャマン、スッパマン、ニコチャン大王ら個性豊かなキャラクターが一堂に会した集合イラストの余白に、でかでかとこう書かれていた。

「バイちゃ!!」

 これは1984年に『週刊少年ジャンプ』(9月10日号)に掲載された漫画『Dr.スランプ』最終回のワンシーンだ。それから40年。天才漫画家として世界中から尊敬の念を集めた作者は、周囲にサヨナラを告げる暇もなく、早すぎる最期を迎えた。

 3月1日、漫画、アニメ界に偉大な功績を残した鳥山明さんが、急性硬膜下血腫のため68才でこの世を去った。生前、「自身のイメージがついてしまうのは嫌」とメディアとは距離を取っていた鳥山さん。描き出したキャラクターは世界中に知れ渡っていても、彼自身の素顔はあまり知られていない。『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』を生み出した稀代の漫画家は、どんな少年時代を送ったのか。

「愛知県生まれの鳥山先生は建材会社に勤務する父とパート勤めの母、妹の4人家族でした。幼い頃から絵を描くのが好きで、自分が欲しいものを描写するのを楽しむ少年でした。ディズニーアニメにヒントを得て、デフォルメした動物を描くのも好きだったそうです。鳥山先生の特徴でもあった緻密な描き込みとデフォルメの素地は、幼少期に培われたのでしょう」(漫画誌関係者)

 グラフィックデザイナーを志して愛知県立起工業高校(現・県立一宮起工科高)に進学。卒業後の1974年にデザイナーとして広告代理店に就職するも、残業ばかりの激務で約3年で退職した。転機は1978年だった。

「仕事を辞めてこれからどうしようかと思案していたとき、ふらっと立ち寄った喫茶店で少年漫画誌をめくったところ、賞金10万円で新人賞を募集しているのを目にしました。そして10万円欲しさに漫画を描き始めたのです。受賞は逃したものの集英社の編集者の目に留まり、1978年に『週刊少年ジャンプ』に掲載された読み切り作品『ワンダーアイランド』で漫画家デビューしました」(前出・漫画誌関係者)

 デビュー作から大ヒットとはいかなかったが試行錯誤を重ね、「女の子を主人公にしたら」という編集者の意見を取り入れて生まれたのが、『Dr.スランプ』だった。1980年に連載が始まると瞬く間に子供たちの間で話題に。「んちゃ」「うほほーい」など数々の流行語が生まれた。

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン