芸能

【鳥山明さんの真実】原稿を紛失されても怒らない「謙虚さ」、変わらなかった「地元への愛着」、一貫して描き続けた「家族の力」

鳥山明さん(時事通信フォト)

近隣住民からは「あきさん、あきさん」と慕われていたという(時事通信フォト)

 漫画家の鳥山明氏が3月1日、急性硬膜下血腫のため68才でこの世を去った。1980年に『Dr.スランプ』を発表すると、瞬く間に大ヒット。その後、アイディア出しと作画に疲れ果てた鳥山さんが担当編集者に「作品を終わらせて欲しい」と頼み込むと、「3か月後に新連載を始めるなら終わらせてもいい」という条件が提示された。そして、実際に『Dr.スランプ』は連載終了となり、きっちり3か月後に新連載として始まったのが『ドラゴンボール』だった。【前後編の後編。前編を読む

『ドラゴンボール』は世界80か国以上で翻訳され、累計発行部数は約2億6000万部に到達。『Dr.スランプ』を上回る爆発的人気を誇る作品となった。

 相次ぐメガヒットは鳥山さんに莫大な資産をもたらした。『Dr.スランプ』の人気で1981年の所得金額は5億3924万円、翌1982年は6億4745万円を記録し、長者番付の「その他部門」で2年連続トップ。その後、『ドラゴンボール』は世界中で読まれ、漫画だけでなく、アニメや映画、グッズやゲームなどを展開。2019年の米紙『サンフランシスコ・クロニクル』は、『ドラゴンボール』関連商品の総売り上げは230億ドル(約3兆3000億円)に達すると試算した。

「鳥山さんはどれだけ有名になっても、トレーナーにジーンズ、キャップ姿のどこにでもいる人でした。自宅ではどてらを着て、コタツで漫画を描くこともあったそうです。ブランド品にも興味はなく、プラモデル作りやモデルガン、ヘルメットなどミリタリーグッズのコレクションが数少ない趣味。携帯電話を持たず、連絡はパソコンのメールというミニマリストでもありました」(鳥山さんの知人)

 謙虚な人柄を物語る逸話がある。『Dr.スランプ』の絶頂期、担当編集者が原稿を紛失したときのことだ。

「作家にとって生原稿は命のようなもので、紛失は絶対にあってはならないこと。漫画家によっては、訴訟問題にまで発展しかねません。なのに鳥山先生は『コピー取ってますから、もう一度送りますよ』と、まったく怒らなかった。いつも謙虚でサバサバした人格者でした」(漫画誌関係者)

 地元への愛着も変わらなかった。連載を持つと上京する漫画家が多かった中、鳥山さんは生まれ故郷の清須市を離れなかった。

「本人は地元から出ない理由を“面倒だから”と話していましたが、実はそうじゃないんです。『Dr.スランプ』の舞台の“ペンギン村”は自宅周辺を参考にして、主要キャラもご近所さんがモデルになっていました。『ドラゴンボール』も同じで、“亀仙人”にいたっては、見ればこの人がモデルとすぐにわかるくらい特徴が生かされています。地元に恩返しがしたいという気持ちが強かったようです」(前出・鳥山さんの知人)

 近隣住民からは「あきさん、あきさん」と慕われていたという。昨年10月には、清須市の市制20周年を記念するロゴデザインの制作を担当。市の担当者がダメ元で依頼したところ、鳥山さんは快諾した。

「あきさんが自宅で転倒した」

 1995年に『ドラゴンボール』の連載が終了すると、心身への負担を考慮して長期連載から身を引き、読み切りや映画版の脚本などを担うようになった。

「長年、寝食を惜しんで情熱的に仕事に取り組んできました。いくらゆとりができたとはいえ、それまでの無理がたたったりはしないかと、奥さんは不安に駆られることも多くなっていました。鳥山さんが無茶する性格であることも知っていたし、1日1箱というヘビースモーカーだったことも心配の種だったそうです。還暦を迎えた2015年頃からは“そろそろ引退したら”と促すことも増えたそうです」(前出・鳥山さんの知人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン