芸能

【引退後初顔出し】「林檎写真」の麻田奈美 半世紀を経て「とても自分とは思えない」

2023年12月に70歳を迎えた麻田さんは、夫と2人暮らし。夫婦で旅行を楽しんでいるという。

2023年12月に70歳を迎えた麻田さんは、夫と2人暮らし。夫婦で旅行を楽しんでいるという。

 1973年の『平凡パンチ』に掲載され、150万部近い爆発的な売り上げとなった麻田奈美の「林檎写真」。林檎だけで下半身を隠すという斬新な写真がきっかけとなり、麻田奈美ブームが湧き起こった。その「林檎写真」はいかにして誕生したのか。本人が約半世紀ぶりの“顔出し”で振り返る。【前後編の前編】

 18歳だった麻田奈美さんが写真家・青柳陽一さんと初めて出会ったのは1972年9月17日。その日以降、場所を変えながら屋内外でのカメラテストは続き、モデル初体験だった麻田さんは数を重ねるごとに自然な動きができるようになっていった。青柳さんから麻田さんの話を聞いた平凡パンチの編集長は1973年1月発売号用の撮影を依頼し、下田や伊豆大島、新島、式根島などでロケを敢行。そして1972年の12月24日、ついに「林檎ヌード」が誕生する日を迎えた。

 その日は青柳さんの所有するスタジオでの撮影だった。ヌード撮影で股間を隠すために、最初、麻田さんにレモンを持ってもらったが、小さくて隠しきれない。青柳さんは思案にくれてふと横を見ると、果物カゴに盛られたリンゴがあったという。

「平凡パンチの編集者が風邪で撮影に立ち会えなくなったということで、撮影後に届けるために助手に病気見舞いの果物を買いに行かせていたんです。すぐさま包装紙を破って一番形のいいリンゴを選びました」(青柳さん)

 麻田さんも、この時の様子をよく覚えている。

「リンゴを渡されると、青柳さんに『私を嫌な奴だと思って強く睨め!』と言われて、思い切り睨みつけました。何か吹っ切れたというか、自分に自信が持てなかった過去から解放されたような感覚でした。撮影が終わって、心の安らぎさえ感じました」(麻田さん)

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン