スポーツ

《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)

 4月11日、ドジャース・大谷翔平(29)の元通訳・水原一平容疑者(39)が違法賭博に関与していたとされる問題で、アメリカ連邦検察が銀行詐欺容疑で訴追したことを発表した。違法賭博の借金を返済するため、大谷の預金口座から不正送金した額は日本円でおおよそ24億5000万円以上。大谷の許可なく、銀行をだまして多額の不正送金を行った罪に問われている。

 水原容疑者は12日にもロサンゼルス市内にある連邦地方裁判所に出廷する予定で、銀行詐欺の罪で、最高30年の拘禁刑を言い渡される可能性がある。

 そうしたなか、注目が集まっているのが彼が大谷の専属通訳になるまでの経歴だ。水原容疑者の公式履歴には「カリフォルニア大リバーサイド校卒」と記されていたが、実際には在籍が確認できていないとの報道もある。そんな疑義をもたれる水原容疑者は高校卒業後、カリフォルニア州で「2度の交通違反」があったほか、「運転中のマリファナ(大麻)所持」で裁判沙汰になったことがすでに報じられている。

 NEWSポストセブンがアメリカで取材を進めると、その経緯が見えてきた。今回の訴追で、水原容疑者が2018年、大谷のエンゼルス入団直後に銀行口座の開設を手伝ったほか、口座開設の際に大谷の通訳を務めたことが明らかになっている。その後、大谷の銀行口座の連絡先を勝手に変更して多額の不正引き出しにつながった。水原容疑者は大谷からの信頼を悪用して口座へアクセスできる状況にあったわけだが、もし大谷や周辺が水原容疑者のすべてを知っていたら、こんな大騒動にはなっていなかったかもしれない──。【前後編の前編。後編から読む

罪を認めた記録はあるが「起訴は取り下げ」

 交通違反の記録が確認できるのは、アメリカの司法記録などを集積したサイトだ。マーシャル鈴木総合法律グループの弁護士で、カリフォルニア州弁護士会に登録のある鈴木淳司氏が解説する。

「このサイトは業者が政府機関など公的に存在する情報を集積して搭載しているもので、誰でも利用できます。アメリカでは特に処罰が厳しい性犯罪者の情報なども調べることができ、一般的に利用されている。

 情報元の機関にすでにデータがない場合もありますが、一度起こした犯罪などはオープンデータとして長期間記録されることになります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン