芸能

《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」

“くわまん”こと桑野信義さん

“くわまん”こと桑野信義さん

 日本人のがん罹患数の1位は大腸がん。がん死亡数では肺に次ぐ2位と、大腸がんは他人事ではない恐ろしい病だ。その大腸がんと闘っているのが、1980年代に大ヒットを連発した「ラッツ&スター(シャネルズ)」でトランペットを吹いていた“くわまん”こと桑野信義さん(66)。グループ活動休止後は、タレントとして『志村けんのだいじょうぶだぁ』『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)などでも活躍した。そんな桑野さんの闘病の報に接し、ショックを受けたファンは多い。桑野さんに闘病を振り返るととともに、現在の体調、体にあった異変などについて聞いた。【前後編の前編。後編を読む

 * * *

 手術を受けたのが2021年2月5日だから、3年が経ちました。術後5年間、再発や転移がなければ寛解で“治った”といえるので、あと2年ですね。もちろん寛解すれば100%安心、というわけではないものの、ひと安心。そこを目標に、検査と術後に改善した生活を粛々と続けています。

 大腸がんになってから大変なことの連続ですが、最近もいろいろありました。去年は右手の薬指を突き指したと思ったら、左脚の腓骨を骨折。腓骨骨折は、玄関でバランスを崩して踏ん張ったらバキッとひねって……。それで、また入院して手術です。参りましたよ。

 がんの経過観察では、腫瘍マーカーの検査は引っかかっていません。でも実は、去年10月の造影CT検査(造影剤を静脈から注射して入れてCTスキャンする検査)で引っかかりました。「肺に2カ所ほど影がある」と。やはり少し動揺しました。でも、健康的な生活を守り続けたら、2カ月後の12月の検査で影が消えていてホッとしました。

 とにかく、大腸がん発覚前の生活はハチャメチャだったんです。忙しかったのもありますが、夜中まで撮影などの仕事をし、その後、朝まで飲んで、3時間睡眠で次の仕事に行っていましたから。暴飲暴食なうえ、食べるのは野菜や果物は避けて肉ばかり。マネージャーに諫められても、「自分の責任は自分でとる!」と突っぱねて。でも、本当は弱虫で怖がりなんです。

関連記事

トピックス

過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
高齢者運転免許自主返納サポート協議会発足式で発表されたロゴマーク。2008年、警視庁(時事通信フォト)
免許返納はしたけれど…… 運転をやめたことで認知症の症状が出始めることも
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン