便秘一覧

【便秘】に関するニュースを集めたページです。

“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
 日本人のがん罹患数の1位は大腸がん。がん死亡数では肺に次ぐ2位と、大腸がんは他人事ではない恐ろしい病だ。その大腸がんと闘っているのが、1980年代に大ヒットを連発した「ラッツ&スター(シャネルズ)」でト…
2024.05.18 10:58
NEWSポストセブン
下半身の病気
「尿漏れ」「頻尿」「痔」名医が知っている下半身の病気の治し方
心身ともに私たちを蝕みかねない下半身の病気を早期に発見し、ストレスなく最適な治療を受けるためにはどうすべきか。 日々、人知れず悩みを抱える患者と対峙してきた名医に「最高の治し方」を取材した。監修・取材…
2024.02.15 16:00
女性セブン
(写真/PIXTA)
便秘薬、頭痛薬、総合感冒薬にも副作用が 医師と薬剤師が教える「薬をやめたら症状が治った」実例集
 体の調子が悪いから薬を飲んでいるのに、その薬が体調悪化の原因だとしたら──医師と薬剤師が明かす実例と、あなたの不調を照らし合わせて確かめてみてほしい。【前後編の後編。前編を読む】 めまいやふらつきが…
2024.01.13 06:59
女性セブン
(GettyImages)
【大腸がん・女性のがん死亡数1位】名医が選ぶ最強の名医リスト ポイントは「腹腔鏡手術」と「術前薬物療法」
 手術をするか、しないか。薬物や放射線を使うと、どんな影響が出るのか。治ったとしても乳房や肛門の形や機能は、元のままを保てるのか──「がん」と診断されてしまったら、治療法から予後、余命までさまざまな思…
2023.12.24 15:59
女性セブン
夫婦問題研究家・岡野あつこさん、がん保険解約後にがんが判明して大ショック 救いとなった息子の言葉は「お金よりも命だよ」
夫婦問題研究家・岡野あつこさん、がん保険解約後にがんが判明して大ショック 救いとなった息子の言葉は「お金よりも命だよ」
 夫婦にまつわる数々の修羅場を見てきた夫婦問題研究家の岡野あつこさん(69)。わが身に降りかかった病「大腸がん」について、彼女は次のように語り始めた。【写真】入院中の岡野あつこさん、栄養失調でプリンし…
2023.11.27 11:15
マネーポストWEB
山田まりや、病気を患って気づいた“食の重要性”「自分のケアができるのは自分だけ」
山田まりや、病気を患って気づいた“食の重要性”「自分のケアができるのは自分だけ」
 いつも元気で、笑顔がまぶしいイメージの山田まりや(43)。彼女が人知れず、病と闘っていたのは約20年前のことだ。【写真】長男で子役の崇徳くんと料理をする山田まりや。一緒に農業をする姿も「15才から仕事を…
2023.11.24 19:15
マネーポストWEB
現役医師&薬剤師が選ぶのまない市販薬とは?(写真/PIXTA)
現役医師&薬剤師50名が選ぶ「私がのまない市販薬ランキング」 1位は総合感冒薬、2位は刺激性の便秘薬
「ドラッグストアの数はコンビニより多い」──頭痛薬に便秘薬、目薬まで棚にはあらゆる不調を治してくれる“強い味方”がずらりと並び、誰でもいつでも自由に購入し、つらいと思ったらすぐにのめる。しかし、服用の判…
2023.11.18 16:00
女性セブン
胃腸薬や便秘薬とどう付き合うか(イメージ)
【胃腸薬・便秘薬のダラダラ飲み】副作用で寝たきり、機能低下で依存症リスクなど症状悪化の“負の連鎖”に注意
 胃腸薬は胃炎などでの処方だけでなく、解熱鎮痛薬の服用で荒れた胃を修復する目的で一緒に処方されるなど、服用する頻度が高い身近な薬だ。 しかし、医者に処方されるがまま漫然と飲み続けていると“負の連鎖”を…
2023.10.15 16:00
週刊ポスト
近年薬ののみすぎは「ポリファーマシー(多剤併用)」と名付けられ、医療界における大きな問題として取りざたされている(写真/PIXTA)
医師から学ぶ“減薬” 「減らしやすいのは予防的にのむ薬」「メインディッシュの薬は減らさない」「勝手にやめるはNG」
「50才ちょうどで受けたパート先の健康診断でひっかかって以来、6年にわたって朝晩2回、コレステロールの薬と降圧剤を合わせて4錠のみ続けています。それに加えて最近、医師に“雨が降ると頭痛がする”と伝えたら頭痛…
2023.10.06 16:00
女性セブン
加藤茶の妻・綾菜さんが考案した「減塩レシピ」とは?
加藤茶の血圧が「200→130」に 妻・綾菜さんが栄養士と共同開発した作り置き「万能氷だし」レシピ
「薬を飲んでも、血圧がなかなか下がらない」──そう悩む人も多いだろう。“薬ありき”の治療では根本的な原因は解消されない。薬に頼らず自力で血圧を下げた人は何をしているのか──。妻に隠れて“追い醤油”「70代のは…
2023.09.28 16:00
週刊ポスト
油断ちや炭水化物抜き体調に悪影響が出ることも
更年期以降の女性のダイエット 「油断ち」で太りやすくなることも、「炭水化物抜き」はあまり効果ない
「シンデレラ体重」とは主に、ダイエットに熱心な若い女性たちの間で目標にされる“よりスリムできれいに見える、BMI18以下”【※】の体重のこと。一般的にBMIは22前後がもっとも病気になりにくい「標準体重」であるこ…
2023.08.02 16:00
女性セブン
多剤併用
75才以上の約25%が7剤以上を服用 「多剤併用」の負のスパイラルに陥らないためにできること
 年を重ねるほどに病院に通う回数は増え、それに比例して薬の量も種類も、そして服用する期間も増えていく。そしていまや大抵の薬は、ドラッグストアやネット通販で24時間簡単に手に入る。だが、そこには大きな落…
2023.07.19 16:00
女性セブン
(写真/PIXTA)
「たかが便秘薬」でも長期服用のリスク 「下剤依存症」「症状悪化の悪循環」に陥ることも
 女性の約6割が便秘に悩んだ経験があり、その半数は薬の服用経験がある──これは株式会社レッドビジョンが2022年に発表した調査結果だ。女性は男性よりも筋肉量が少ないうえ、ホルモンの影響もあって便秘になりやす…
2023.07.15 16:00
女性セブン
CT検査などの「早期発見・早期治療」は重要だが、“生き急ぐ”のも危険(写真/PIXTA)
脳動脈瘤、虫垂炎、痔、胃ろう、人工関節…「手術する・しない」の判断が難しい病気
 手術が必要です──医師がそう言うときは、「患者の命を救い、健康を守るために、やむにやまれぬ状況だから」と考えている人は多いはずだ。だが、実は世の中には本来ならば必要ではなかった手術が行われて、患者が…
2023.06.26 16:00
女性セブン
恵村順一郎氏がパーキンソン病との闘いを振り返る
朝日新聞元論説副主幹・恵村順一郎氏が明かしたパーキンソン病との闘い「便秘と震え、気づけば手足が…」
 60歳以上の100人に1人が罹患するパーキンソン病。高齢化が進むなか、今後20年で患者数は倍増するといわれる。治療法のないこの難病と闘う一人が、朝日新聞元論説副主幹で『報道ステーション』元コメンテーターの…
2023.06.02 16:00
週刊ポスト

トピックス

「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま
【9割賛成の調査結果も】女性天皇についての議論は膠着状態 結婚に関して身動きが取れない愛子さまが卒論に選んだ「生涯未婚の内親王」
女性セブン
勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)
DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」
週刊ポスト
『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
撮影前には清掃員に“弟子入り”。終了後には太鼓判を押されたという(時事通信フォト)
《役所広司主演『PERFECT DAYS』でも注目》渋谷区が開催する「公衆トイレツアー」が人気、“おもてなし文化の象徴”と見立て企画が始まる
女性セブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン