国内

「マイクロプラスチックが心臓発作や脳卒中の原因になりうる」との論文発表 粒子そのものが健康を害する可能性

2050年には海洋プラスチックごみが魚の量を上回ると予測されている(写真/PIXTA)

2050年には海洋プラスチックごみが魚の量を上回ると予測されている(写真/PIXTA)

 ペットボトル、ストロー、ビニール袋、カップ麺の容器、そして自動車まで……。発明から150年以上経ったいま、プラスチックは豊かな生活のためになくてはならない存在として広く用いられている。しかし、その便利さと引き換えに、健康への悪影響もあるという。プラスチックと健康についてレポートする。【前後編の前編。後編を読む

 持続可能な開発目標「SDGs」が市民権を得て久しいいま、環境保全への取り組みはますます活発化している。

 中でも広く浸透しているのは、プラスチックごみ対策だ。レジ袋や使い捨てコップを減らすため、多くの人がエコバッグやマイボトルを持ち歩くようになった。

 環境に対する意識が高まる一方で、こんな声も聞こえる。都内在住のAさん(52才・仮名)が嘆く。

「ファストフードやレストランで渡されるのが紙ストローになり、ザラザラした舌触りがどうにも慣れません。エコが大切なのはわかりますが、ストローを変えて一体どれだけの効果があるのか……。できれば以前のプラスチック製に戻してほしいです」

 だがこの先、そんな不満はあっという間に過去のものになるかもしれない。プラスチックが健康に悪影響を及ぼす可能性が指摘されているのだ。

1週間あたりに摂取するプラスチックの量はクレジットカード1枚分に相当する

《プラスチックが心臓発作や脳卒中の原因になりうる》。そんな論文が発表されたのは、3月6日付の医学誌「The New England Journal of Medicine」だ。

 同論文によると、イタリアのカンパニア大学の研究チームが、「脳に血液を運ぶ動脈にたまったプラーク(脂肪の多いコレステロール)の除去手術」を受けた257人のプラークを調べると、半数以上からマイクロプラスチックが検出された。マイクロプラスチックとはプラスチックごみが微細化したもので、大きさが5mm未満のものをいう。その後、同研究チームが257人を34か月にわたって追跡調査すると、プラークからマイクロプラスチックが検出された人は検出されなかった人に比べて、心臓発作や脳卒中を起こしたり、さらに何らかの原因で死亡する可能性が約4.5倍も高かった。

 この研究の意義について、米ボストン在住の内科医・大西睦子さんが語る。

「これまでもプラスチックに含まれる化学物質が溶け出し、ホルモンなどの内分泌系の働きを乱す可能性があることについては指摘されていました。しかし、プラスチック粒子そのものが直接人間の健康を害し、死亡リスクを上げることを明らかにしたのは、今回の論文が初めてです」

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン