スポーツ

【日本人初の「W杯開幕戦」主審・西村雄一に聞く】「1試合の走行距離は選手より多い12キロ」サッカーの主審に欠かせない「展開予測能力」とは何か

2014年のブラジルW杯開幕戦の開始前、ウォーミングアップする主審の西村雄一氏(中央)ら(時事通信フォト)

2014年のブラジルW杯開幕戦の開始前、ウォーミングアップする主審の西村雄一氏(中央)ら。主審の1試合の走行距離は選手より多い(時事通信フォト)

 2026年開催のW杯本戦出場に向けて、サッカー日本代表の戦いが続いている。サッカーの試合の観戦中はボールの行方や両チーム合わせて22人の選手の動きに目を奪われる一方、ゲームを捌く「主審」に注目する人は少ないかもしれない。1試合の走行距離は選手以上になるという、他競技と比べても過酷なサッカー審判の仕事について、日本人初の「W杯開幕戦」主審を務めた西村雄一氏に、『審判はつらいよ』の著者・鵜飼克郎氏が聞いた。(全7回の第3回。文中敬称略)

 * * *
 試合のピッチにいる審判員は、主審の他に2人の副審、第4の審判員がいるが、試合進行や反則の判断など、試合に関するすべての決定の権限は主審にある。ピッチの両サイドに配置された副審は旗を使ってオフサイドやアウトオブプレーについて合図を示すが、その最終決定は主審に委ねられる。第4の審判員は選手交代やアディショナルタイムの表示など試合進行に関わることをサポートし、主審や副審が試合のジャッジに集中できるように環境を整える。

 全国規模の大会は長辺(タッチライン)105メートル、短辺(ゴールライン)68メートルの長方形のピッチで行なわれるが、主審はその広いエリアを1人で動き回りながら、両チーム合計22人が絡むすべてのプレーを判定する。この「受け持つ範囲の広さと人数の多さ」こそがサッカー主審の特徴であり、難しさでもある。

 テニスやバレーボールのようなネットスポーツの審判(主審)は、椅子に座ってジャッジするのでプレー中に動くことはない。競技エリアの広さではサッカーを上回る野球だが、ストライクとボールの判定がメインとなる球審の移動範囲はごく限られ、他の塁のジャッジは塁審に委ねている。

 格闘技の審判の動きは激しいが、相撲は直径4.55メートル(15尺)の円内、柔道は9.1メートル四方(国際大会は8〜10メートル四方)の正方形内で競技が行なわれ、そこにいる選手は2人だけ。しかも1勝負の時間は数秒から数分程度だ。

 広大なスペースを長時間走り回り、激しく動く選手たちのプレーを途切れることなくジャッジをするサッカーの主審について、他のスポーツの審判が「信じられない」と口を揃えるのも頷ける。

 国際審判員を42歳で退任後、現在はJFA(日本サッカー協会)のプロフェッショナルレフェリーとしてJリーグで審判員を務める西村雄一が言う。

「主審の動きには“法則”があります。2人の副審とバラバラに動くのではなく、主審がピッチの対角を軸に動き、副審は主審の位置から遠くなるサイドのタッチラインの半分を担当します。その配置であれば主審と副審が異なる角度から競り合いを見ることができ、3人の誰かが常にボールの近くにいられるわけです」

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン