福島瑞穂一覧

【福島瑞穂】に関するニュースを集めたページです。

政治家として活動した時代も(時事通信フォト)
田嶋陽子さん、かつての女性論客を批判「みんなズルかった」
 今、田嶋陽子さん(79才)を再評価”する声が日増しに高まっている。きっかけは2019年秋だった。創刊まもないフェミニスト雑誌『エトセトラ』が「We Love 田嶋陽子!」と銘打って一冊丸ごと田…
2020.04.06 07:00
女性セブン
全斗煥韓国大統領(右)と会談する中曽根康弘首相(時事通信フォト)
【親韓政治家の韓国外交】鳩山由紀夫、志位和夫、福島みずほ氏ら
 混迷する日韓関係だが、韓国外交を担ってきた日本の政治家は何をしてきたのか。ここでは鳩山由紀夫氏から福島みずほ氏まで、政治家ごとに主な業績をまとめた。(敬称略)鳩山由紀夫:「元首…
2019.09.15 16:00
週刊ポスト
)、企画84、9日付日韓基本条約に調印する李東元韓国外相(左)と椎名悦三郎外相。1965年(共同通信社)
日本の政治家、韓国の主張の正当性を議論せず譲歩続けた歴史
 日韓外交を考えるとき、戦後、日本と韓国それぞれの政治家が外交の場でどう振る舞い、現在の日韓関係の混迷に至ったのかを辿ってみると浮かび上がってきたのは、両国の歴代の主要政治家たち…
2019.09.13 07:00
週刊ポスト
福島みずほ議員の「個性的」筆跡、アイドルとして成功する文字
福島みずほ議員の「個性的」筆跡、アイドルとして成功する文字
 2009年9月、民主、社民、国民新3党が連立政権樹立で合意し、それぞれの党首が署名した合意書がニュースで報じられると、社民党党首(当時)・福島みずほ氏の署名がネットで「個性的」と話題…
2019.05.22 11:00
週刊ポスト
66歳男がブログ記事で侮辱罪に 懸念されるネトウヨの高齢化
66歳男がブログ記事で侮辱罪に 懸念されるネトウヨの高齢化
 様々な分野で高齢化が進んでいるが、かつては若者が中心と思われていたものにも高齢化の波が押し寄せている。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、今後、予想される高齢ネトウヨの増加に…
2019.02.25 16:00
週刊ポスト
冷笑系、DD論者… ネットで「現実主義者」が揶揄される理由
冷笑系、DD論者… ネットで「現実主義者」が揶揄される理由
 ネット上で政治的なテーマを扱う場合、意識しなければならないのが、「保守とリベラルのレッテル貼り」からいかに逃れるか、という問題だ。だが一方でそうした「党派」のレッテルから逃れた…
2018.10.30 16:00
NEWSポストセブン
元共産党・筆坂秀世氏「私の弔辞は野田聖子さんに頼みたい」
元共産党・筆坂秀世氏「私の弔辞は野田聖子さんに頼みたい」
「最後のお別れ」となる弔辞を読み上げるのは、自分のことを本当によくわかってくれている人であってほしい──歳を重ねると、ふとそんな思いに駆られることがある。そこで各界著名人に「自分の…
2018.04.28 16:00
週刊ポスト
舛添要一氏「野田聖子議員は酒を飲めるところが強み」
舛添要一氏「野田聖子議員は酒を飲めるところが強み」
 女性政治家の失言やスキャンダルが政界に嵐を呼び、女性都知事がその嵐に乗じるも、彼女もまた躓いてしまう。政治家としての資質を問われるような女性議員が増えた背景に、小選挙区制の導入…
2018.01.26 07:00
SAPIO
ちなみに、第2次安倍政権が発足した日は晴れ
菅氏「ワタシ、あなたに…」ほか 最悪国会の珍発言集を紹介
 これほど問題発言が飛び交った国会を「文書」として残さないなんてもったいない。国民を見事なまでにバカにした今国会中の暴言・妄言の数々を振り返る。最初のノミネートは「もり(森友)か…
2017.06.26 07:00
週刊ポスト
「男版・福島みずほ」が韓国大統領になり日本に凄まじい厄災
「男版・福島みずほ」が韓国大統領になり日本に凄まじい厄災
 韓国の次期政権は極左政権になることが確実な情勢だ。親北姿勢が強まることで統一へ近づく朝鮮半島に、ジャーナリストの室谷克実氏は、北朝鮮と韓国の連合が日本に牙を剥く危険性を指摘する…
2017.03.08 07:00
SAPIO
橋田壽賀子 佐藤愛子著書を突き抜けたヤケクソ感が魅力と語る
橋田壽賀子 佐藤愛子著書を突き抜けたヤケクソ感が魅力と語る
 昨年8月の刊行以来、わずか5か月あまりで46万部を突破する異例のヒットとなった『九十歳。何がめでたい』(佐藤愛子著)。この本のファンは、各界に広がっている。稲垣吾郎(43才)は「ぼく…
2017.01.24 07:00
女性セブン
参院選の熱狂を歩く【後編】 田中康夫、小川敏夫、SEALDs
参院選の熱狂を歩く【後編】 田中康夫、小川敏夫、SEALDs
 アベノミクスや憲法改正の是非が問われたはずの2016参院選は、蓋を開けてみれば、過去4番目に低い投票率(54.70%)に終わった。与党からみれば順当、野党からみれば健闘──。そう総括された…
2016.08.07 16:00
SAPIO
2015年重大ニュース【国内】側溝で逮捕男 母親が衝撃の告白
2015年重大ニュース【国内】側溝で逮捕男 母親が衝撃の告白
 2015年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2015年の「重大ニュース…
2015.12.22 07:00
NEWSポストセブン
永田町裏流行語「抱きしめちゃう」「ヒゲ佐藤→パンチ佐藤」
永田町裏流行語「抱きしめちゃう」「ヒゲ佐藤→パンチ佐藤」
 永田町には一般の人が聞いてもなかなかわからない、与野党の国会議員や秘書、国会職員たちの間だけで流行った独特の隠語、符牒がある。いわば「永田町裏流行語」だが、背景には意外に深~い…
2015.12.14 07:00
週刊ポスト
福島みずほ氏「2016カレンダー」30円也 値段の意味は何か?
福島みずほ氏「2016カレンダー」30円也 値段の意味は何か?
 2016年のカレンダー商戦に“異色作”が登場した。社民党前党首・福島みずほ氏のカレンダーだ。  怖いもの……いや、珍しいもの見たさでどんなものかと覗いてみると、カレンダーは福島氏の写真…
2015.11.20 07:00
週刊ポスト

トピックス