携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110419_17830.html

注目のビジュアル

山形テレビ出身の佐々木真奈美さん

関連商品も大人気の妖怪ウォッチ

さらに色香を増した井上和香(34)

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

愛媛朝日テレビの戸谷勇斗アナ(26才)

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

業田良家4コマ「根拠のないデマ」

北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」

「子供の頃から囲碁一筋で幸せです」と藤沢里菜二段

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


トモダチ作戦の見返りはおもいやり予算1880億円×5年

2011.04.19 07:00

 米国が2万人の“トモダチ”が駆けつけた「トモダチ作戦」は日米メディアで大絶賛された。だが、そもそも8000万ドル(約67億円)が計上された「トモダチ作戦」は無償の友情ではない。

 年度末の3月31日には民主、自民などの賛成多数で「思いやり予算の特別協定」が可決された。有効期限は従来の3年から5年に延長され、今後5年間、日本は米軍に現行水準(約1880億円)を支払い続けることを決めた。

「思いやり予算の延長は民主党内に反対意見が多く、与党も外務省も年度内通過を諦めていた。ところが、米軍の支援がトモダチ作戦でムードが変わったために、今なら可決できると踏み切った」(外務省元駐レバノン大使・天木直人氏)

 米軍にしてみれば、海老で鯛を釣ったようなもの。「友情の請求書」こそ、現在の日米関係を象徴している。

※週刊ポスト2011年4月29日号


人気ランキング

1.
壁ドンに続く「股ドン」は定着するか 「されたい」女子も多数
2.
鹿児島県民 中国に「こんな馬鹿げた国相手にする必要ない」
3.
ジャニーズ六本木騒動 24歳の被害女性が真相を週刊誌に告白
4.
ネットの「加トちゃんがヤバい」説にロケ地の住民が同調する
5.
韓国人男性 フィリピン人女性と子を置き去りで帰国する理由
6.
結婚してさらに色香を増した井上和香をスペシャル撮りおろし
7.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
8.
米国製軍用ジープを丸パクリした中国製軍用ジープの写真公開
9.
中国で幹部らに対して「姦通罪」復活 10日で10人逮捕も
10.
もうバレバレ!「男が惚れてる女に送るLINEスタンプ」特徴4つ

今日のオススメ

提供元一覧

おっぱいバイブル

ようこそ、わが家へ

神の島 沖ノ島

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。