携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110801_27210.html

注目のビジュアル

謎の美女・祥子

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

官能的なボディを披露する森下悠里

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

SDN48の佐藤由加理(左)と芹那

会見で涙を拭う小保方晴子氏

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


フクシマ50 下請け社長は「死んでもいい人を」と発注受けた

2011.08.01 07:00

 菅直人首相が原発対応拠点のJヴィレッジを激励に訪れたその日も、彼は現場で働いていた。その作業服の背中には、「菅直人1回現場に来てみろよ」とある。震災から4か月以上経ち、いま明かされる「フクシマ50」の素顔。原発でともに作業するフリーライター・鈴木智彦氏の、刮目レポートである。

 * * *
 俗にいう「フクシマ50」の定義はひどく曖昧だが、一般的には、「東京電力福島第一原発(以下1F)の1号機および3号機が立て続けに水素爆発をした後、1Fに残った職員・作業員」となる。最初に残った約70人に、事故直後に加わった人たちを含めそう呼ぶ。

 東電は免震重要棟で指揮を執る吉田昌郎所長以外の「フクシマ50」を、プライバシー保護を理由に公開していない。東電社員の内訳、協力企業の人数や年齢、支給された危険手当の金額など、よく分かっていない部分が多い。

 東電としてはフクシマ50を英雄のまま曖昧な存在にしておきたい。一方のフクシマ50にしても、守秘義務からか、おおかた口が堅い。私はそのうち4人を知っているが、フクシマ50だとカミングアウトすることをためらっている。

 そのうちの若いひとりを、佐藤としておこう。彼は3号機が水素爆発した直後、1Fへの“召集令状”を受け取り、地獄絵図の中に降り立った協力会社幹部だ。

「社長は上会社から『死んでもいい人間を用意してくれ』といわれていたらしい。社長、もじもじしてて、なかなか『行け』といわなかったですね。だから志願しました。だってうちの社長、熱い人だから自分が行っちゃいそうだったんで。社長が死んだら社員が路頭に迷うけど、俺が死んでも代わりはいますから」

 もちろん佐藤は自殺志願者ではない。これまで原発を生活の糧にしてきた贖罪だったわけでもない。

「居直るわけじゃないけど、誰も原子力や原発が社会的にどうのなんて考えず、普通の会社に就職する感覚でこの仕事に就いてるんじゃないですか? 原発が善か悪かなんて、深く考えたことなかったです。学校もろくに行ってないんで、難しいことは得意じゃないし(笑い)。

 最初に1Fへ入ったときは、たしかにドキドキしましたね。不謹慎かもしれないけど、それはどっちかといえば楽しい気持ちで……。これまで威勢のいいこと、偉そうなこといってた人間がビビってたんで、『よし、じゃあ俺が行ってきてやる』みたいな。

(1Fに向かう)バスの中、みんな青白い顔して泣きそうなんです。話しかけられる雰囲気じゃなかった。でも俺、わくわくしちゃって、みんなを写メで撮ってました。20代とか、若いヤツらのほうが元気だったですね。年取った人ほどブルってた。なにかあっても死ぬだけなのに」

※週刊ポスト2011年8月12日号


人気ランキング

1.
『アナ雪』声優の神田沙也加に大絶賛 来日の監督も生歌に涙
2.
今すぐやめて!タバコと同じくらい健康によくない生活習慣6つ
3.
NYで野球選手は私服に注意 松井秀喜に「スナイパー」との揶揄
4.
井戸田潤が安達祐実に怒る「娘が片親引き離し症候群になる」
5.
韓国経済苦境 サムスン巨額賠償で現代自動車シェア大幅低下
6.
SDN48【7】佐藤由加理と芹那がビキニ姿で濃厚密着する
7.
ダルのワンシームは150kmで落ちる “信じがたい球”との評
8.
泥沼離婚裁判中の上原さくら弁護士 ラブホ報道に頭を抱える
9.
NHK朝ドラ「花子とアン」 元少女愛読者から賛否両論が噴出か
10.
ラーメンの鬼・佐野実さん 最後の言葉は「ラーメン食べたい」

今日のオススメ

提供元一覧

エストロゲン

東日本大震災復興応援写真集『3・11以前』 ー美しい東北を、永遠に残そうー

井沢元彦「逆説の世界史」

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。