芸能

押尾裁判 あまりに卑猥なことば多くTVや新聞が自主規制

 女性に合成麻薬『MDMA』を勧め、麻薬セックスに溺れてれていた元俳優・押尾学(32)の裁判が9月に行われた。 裁判員裁判で裁かれる初の芸能人被告となったこともあり、連日、各メディアで詳報されたが、あるワイドショーのディレクターによれば、法廷で飛び交う証言があまりにも生々しいため、放送できない箇所が多数あったのだという。

 9月7日の公判のことだ。押尾被告が亡くなった女性に送った「すぐいる?」というメールについて、証人として法廷に立った泉田勇介受刑者(押尾にMDMAを譲渡した罪で服役中)の発言は、あまりにストレートだった。

「押尾は『俺って変態だから、俺のチンコが欲しいっていう意味といえばいいよね。それしかないもんね』と自分を納得させるようなことをいっていました」

 泉田受刑者は、「すぐいる」が指すモノはMDMAだと主張している。押尾は警察の事情聴取ではそれを隠蔽するために、MDMAと自身の男性器を置き換えることを考えたというのだ。

 これは、亡くなった田中香織さんへのMDMAの譲渡を立証するために非常に重要な証言なのだが、さすがにテレビでは使えない。前出のディレクターはこう語る。

「この発言に触れた番組は少なかったようです。TBSでは、チンコは“男性器”や“自分自身”と言い換えていました」

 新聞でもこの“チンコ発言”をそのまま取り上げたのはごく少数だった。一般紙で朝日新聞が“陰茎”と表現し、スポーツ紙ではスポニチが“チ◯コ”と伏せ字にしていたほど。 前代未聞の“麻薬セックス法廷”にテレビや新聞も自主規制を余儀なくされたようだ。

※週刊ポスト2010年9月24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス