• TOP
  • 国内
  • 「慰安婦デモ」の岡崎トミ子議員が国家公安委員長になる怪

国内

2010.09.29 17:00  週刊ポスト

「慰安婦デモ」の岡崎トミ子議員が国家公安委員長になる怪

 多くの報道が指摘するように、菅直人改造内閣の人事を仕切ったのは仙谷由人官房長官だった。仙谷人事というと、「反小沢」と、自ら率いる凌雲会(前原グループ)の重用が指摘されるが、もうひとつ見逃せないのが、社会党時代から気の合う「全共闘仲間」との関係である。

 今回の改造では、岡崎トミ子・国家公安委員長、細川律夫・厚労相、松本龍・環境相と、あの村山内閣に匹敵する、大量の社会党出身大臣を生みだしたのである。

 岡崎氏の起用は、早くも物議をかもしている。部下になった警察キャリアはこう指摘する。
「あんなバリバリ左翼の活動家が、よりにもよって警察、公安を指揮するなどブラックジョークですよ。他の省庁では官僚シンパの仙谷さんを歓迎する空気が強いようですが、われわれは危機感を抱いている」

 岡崎氏は03年に、韓国で日本大使館への抗議デモに参加したことがある。いまや、旧社会党と左翼弁護士、そして朝日新聞のデッチ上げであることがほぼ確実となっている従軍慰安婦問題に関連し、「日本は謝れ!」と、信じがたいトンチンカンな声をあげていたのだから、本来なら国益を代表する国会議員になる資格すら疑われるのだが、それを大臣、それも公安担当にするなど言語道断だ。

 前出のキャリアはこうも指摘する。「仙谷さんと対立してきたセクトは震え上がっているんじゃないですか。公安の持つ左翼団体の情報は、岡崎大臣を通じて筒抜けですからね」閣僚人事すら内ゲバに使うのではないかと冷笑されているのである。

※週刊ポスト2010年10月8日号

関連記事

トピックス