• TOP
  • ライフ
  • 洋服の数を減らし、食料を最小限にすれば宝くじも当たる説

ライフ

2010.11.21 17:00  女性セブン

洋服の数を減らし、食料を最小限にすれば宝くじも当たる説

 11月も半ばを過ぎ、そろそろ年末の足音が近づいてきた今日この頃。東洋占術研究家の翡翠輝子氏はこう語る。「開運というと、年明けの初詣や初夢といったイメージがありますが、具体的な開運に直結するのは、ちょうどこの時期の行動です。新年から始めようというのでは、遅いのです」

 翡翠氏が占術の監修を担当した単行本『宝くじ マル秘 当せんデータ「当たる人のルール」がわかった』に掲載されている開運法の中から、11月下旬からスタートするのに最適な2つを紹介しよう。ちなみに年末ジャンボ宝くじの発売日は11月24日。開運法を実行すれば、3億円も近づくかも!?

【洋服の数を減らす】
 大掃除に取りかかるといっても、脱ぎ捨てた洋服が床に散乱し、タンスの中はぎゅうぎゅう詰めなら、まず洋服を減らすことから始めるほうが効率的。たくさんの服を持っていても、結局、よく着る服は限られているはずだ。それこそ、バーゲンの熱気の中で買った服は、手持ちのものと合わせにくく、出番も少ない。

 冠婚葬祭用の服を除き、ここ1年間で一度も袖を通さなかった服は、これからも着ない可能性が高い。そして安い服をたくさん持つよりも、自分に似合う質のよい服を少し持つようにする。お金持ちにはそうしている人が多い。

【食品は必要以上に買わない】
 年末というと、大量の食品を買わないといけないという強迫観念にとらわれている人が多いが、いまはスーパーやコンビニが元日から営業する時代。年末セールの雰囲気に浮かれて、食べきれない量を買い込まないように。お金持ちの家では、無駄なく食品管理をしている。本当に必要なものだけを買って、新鮮なうちに食べ切る食生活を始めよう。

※女性セブン2010年12月2日号

関連記事

トピックス