• TOP
  • グラビア
  • 2010年冬 六本木の夜を彩る「光のイルミネーション」探訪

グラビア

2010.11.30 17:00  週刊ポスト

2010年冬 六本木の夜を彩る「光のイルミネーション」探訪

東京ミッドタウン

 16世紀、ドイツでもみの木にロウソクが灯されたのがイルミネーションの始まり。あれから500年――。LEDの普及とともに街にちりばめられた煌めき。2010年、東京の冬を彩る最新イルミネーションを紹介する。

 
●六本木・東京ミッドタウン
【MIDTOWN CHRISTMAS 2010】

 春を感じさせるピンクにライトアップされた「さくら通りライトアップ」や、雪景色を思わせる白色LEDの「シャンゼリゼ・イルミネーション」など、東京ミッドタウンやその界隈が華やかに彩られる。中でも最大の見所は約2000平方メートルの芝生広場で展開される「スターライトガーデン」。約25万個のLEDを駆使し、幻想的な宇宙空間や夜空を表現する。昨年には、カンヌ国際広告祭での入賞も果たした。

撮影■藤岡雅樹

関連記事

トピックス