• TOP
  • 国内
  • 東京都条例改正案提出で「源氏物語」に販売規制の可能性浮上

国内

2010.12.03 17:00  週刊ポスト

東京都条例改正案提出で「源氏物語」に販売規制の可能性浮上

「青少年健全育成条例」の改正案が12月の東京都議会で審議される。6月の議会では、18歳未満の登場人物である「非実在青少年」を性的な対象としたマンガなどを規制する案が否決された。そこで、都は新たに(刑罰法規に触れる)、(婚姻を禁止されている近親者間における)性行為を規制対象とする案を再提出する。

 そうなると規制対象となる可能性が浮上してくるのが、誰もが古文の授業で読まされたあの『源氏物語』。そのストーリーは、

―光源氏は父の後妻である藤壺を慕って結ばれるが、近親相姦の罪の意識に苛まれる―

 というものだ。古典『源氏物語』はマンガで数多く作品化されているが、販売規制を受けるかもしれない。

※週刊ポスト2010年12月10日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス