ビジネス

円安の材料なく2011年はズバリ1ドル=65円もあると専門家

 2010年の米ドル/円相場は、1ドル=80円近辺まで上昇したものの、年末にかけて83~84円台で推移している。果たして2011年の為替相場はどう動くのか、為替のスペシャリストで松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏がズバリ占う。

 * * *
 2011年も日本円の全面高が続くだろう。現在のところ、円安になる材料も反転する兆しも見当たらない。特に米ドル/円に関しては、米国のドル安・円高政策が色濃く出てくる1年になるのではないか。

 政府・日銀による円売り介入もこの先、米国の意向によって封印されると考えられる。米国の為替政策の最大の狙いは中国元を切り上げることであり、元高にするには同じアジアの通貨である円を高くするのが手っ取り早いという事情があるのだ。日本に円売り介入されると都合が悪いわけである。

 もっとも元高が実現したところで米国の貿易赤字体質は変わらないし、雇用状況が回復するはずもないことは米国側もわかっている。1985年のプラザ合意を振り返ってみても、為替政策では米国の貿易赤字体質も財政赤字体質も変わらないことは明らかだ。

 しかし、米国は今、自国民の不平不満のガス抜きをするために元高政策をとらざるを得ない。この元高政策が続く限り、米ドル/円には下落圧力がかかり続けるだろう。

 私は常々、政府・日銀による円売り介入に効果はないと公言してきたが、介入を封印されると他に打つ手がないのも事実である。日本には政策的に円高を止めるオプションはないと思ってほしい。

 ただ、2010年9月15日の介入前後の米ドル/円の値段は、今後、円が米ドルに対して上昇をしていく際に必ず意識されるポイントとなる。介入前が82円台後半(82円85―95銭付近)、介入後の高値が85円90銭付近で86円には到達しなかった。

 米ドル/円は2010年11月時点では80円-84円台で推移しているが、これから先、仮にリバウンドがあるとすれば、最初のハードルは86円となる。介入しても届かなかった86円を上に抜けることができれば、トレンド変化の可能性が視野に入ってくるが、実際には、86円突破は極めて難しいだろう。

 米ドル/円は2007年6月の1米ドル=124円を起点に3年間で80円にまで一定のスピードで落ちてきた。現状をみても米ドル/円がリバウンドをする兆しはなく、このままずるずると70円割れまで円高が進んでも不思議ではない。ターゲット(目標値)的には65円も考えざるを得ない情勢である。
 
※マネーポスト2011年1月号

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン